「ウェブ進化論」の「玉石混淆(ぎょくせきこんこう:Wheat and Chaff)」的に、"石"とするか"玉"とするかはアナタ次第です。Appleネタと本で生きてます(笑)。雑記は別ブログあり。


by tacca884
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[本] スーパーエモーショナル!:iPodをつくった男

iPodをつくった男 スティーブ・ジョブズの現場介入型ビジネス /大谷和利

うーん、読む順序を間違えたかも。この本に語られているアップルとしての根幹はiPhoneショックでも大体はとらえる事が出来る。それで、タイトルにあるように、スティーブジョブズの事に関して深堀された内容かと思いきや、案外知っている事が多く、彼の行動や言動に対する評価、批評の際に使われる様々なバックグラウンドを、なんかあるたびに聞いているとほとんどが聞いた事のあるような話が多い。

タイトルが「iPodをつくった男」というくらいだから、スティーブジョブズで全編進めていっても良いかと思うのだが、アップルという会社がどういうものかというのが半分くらい語られているように感じる。確かに、アップル=スティーブジョブズという等式はあながち成り立たないわけでは無いが、イコールではない。彼のエモーショナルな行動や言動が、アップルの従業員を活発にしているのは確かな事だが、最終判断はスティーブジョブズが行っているはいるだろうが、プロダクトとして最終的に生まれるものは、技術力がありアイディアに満ちあふれた優秀な従業員からではないだろうか。

にしても、ユーザニーズの吸い上げと蓄積にこだわらず、自分の思いを太く貫かせたとしても誰もが欲しがる魅力的な商品を出し続け、世界中に知れ渡っている会社をキリモリしているわけだから、スティーブジョブズは凄い。ブレずに一貫性があるように見えて、時代や状況にフレキシブルに対応できるわけだし、いかにもスペシャルな企業を語る上でのトップという感じだ。強力な推進力と、正しい朝令暮改(朝改?)はまさしくエモーショナル!

一歩間違えば、超マイクロマネージメントだが、良いタイミングでほんのちょっと介入し、従業員を奮い立たせる気持ちを注入するという距離感は魅力的なのだろう。
[PR]
by tacca884 | 2008-02-25 23:28 |