「ウェブ進化論」の「玉石混淆(ぎょくせきこんこう:Wheat and Chaff)」的に、"石"とするか"玉"とするかはアナタ次第です。Appleネタと本で生きてます(笑)。雑記は別ブログあり。


by tacca884
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

[ライブ] FUJI ROCK FESTIVAL 2008 (2)

d0100791_0304368.jpg

さて、フジロック2008レポの続きです。二日目、三日目は見たアーティストが少ないのでまとめちゃいます。三日間行っててこれかい!というツッコミがありそうですが、そこはユルユルな感覚で過ごしていたってことで。

【二日目】
この日も暑〜い。もう午前中からビール飲んじゃいそう(我慢したけど)。

■凛として時雨(ホワイト)
音自体もあまり聞いたことが無く、ライブも当然見たことがなかったですが、その名前と、ドラムの人が自分よりもPerfumeのアピールばかりをするという噂を聞いていたので見てみる(笑)。おお、なんかいい感じでしたよ!若さ溢れる爆裂な音が。言うなれば、性的衝動とか泥臭さというのがないナンバーガールという感じ。熱い音っぷりの中でも結構クールに感じました。

〜ここからがユルユルターイム!〜
ASIAN DUB FOUNDATIONまで見るものが無く、だらだらゆらゆら。フジロックの会場の最末端、ストーンサークルでドッグランに行って昨日もお会いしたNさんと飲みつつおしゃべり。うちのメンバも合流し、昨日飲んでなかった生ギネスを飲む!うまーい、最高。
d0100791_03119.jpg

■ASIAN DUB FOUNDATION(グリーン)
今年初めてちゃんとグリーンステージで見た(笑)。相変わらずの感じ。なんか安心して見ていられます。フジロック常連組だし。で、実はあんまり記憶がない。多分、立って寝ていたな(笑)。
d0100791_0311560.jpg

■PRIMAL SCREAM(グリーン)
本当は明日のトリなんだろうけど、キャンセルを埋めるべく二日目にも登場。三日目はTHE MUSICが見たかったので都合が良い(って言うと怒られるか?)。これも安心して見ていられました。本当、結構良いお年なのにパワフルでクール。

■UNDERWORLD(グリーン)
僕的にはメイン。そして何度も見ている。そして、これもまた安心して見てられました(こればっか)。いや、ホント、間違いないんですよ、この人たち。音も演出も最高のパフォーマンス。こちら(オーディエンス)のツボを心得ているというか。その夢のような時間にあっという間に飲み込まれ、90分のアクトはすぐに終わってしまった。いやー、楽しかった。

■MICHAEL FRANTI AND SPEARHEAD(場外ショップエリア)
なんと場外エリアでマイケルフランティのライブがあるというので見てみる。なんせ、一緒に来たメンバーの女子はフランティガールを名乗るほど彼のファンですから。僕は朝霧であまり見てないのでどんなもんかなと。で、ライブが始まると・・・良い!凄く良い!格好良いんですよ、これが。そして熱い!熱い男です。曲も良くって、あっという間に僕もフランティーボーイとなってしまいました(笑)。最後には観客のところまで出てきてハグしまくり。僕はしなかったけど、フランティーガールをけしかけ(笑)彼女たちがハグをされているところを見て楽しんでおりました。


【三日目】
今日も良い天気だー。本当天気に恵まれたフジロックだったなあ・・・と思うのはこの日の朝の段階。後で地獄を見るはめに。そしてダラダラしすぎてサックリDOUBLE FAMOUSを見逃す。

■キセル(オレンジ)
京都出身の兄弟バンド。ちょっとフィッシュマンズにも通じる高めの声と、緩いテンポの曲調。久々に生で聞いたけど良かった。晩夏に向かう夏に似合う感じの切ない音と歌詞にちょっとウルウルしてしまった。

さて、アヴァロンでご飯食べて、BEN FOLDSを見るべくグリーンで待機していると、何やら雲行きが怪しく・・・。そして来ました!!大雨が!スコールのような激しい雨!そして一瞬にしてみんなびしょ濡れ。僕もパンツの中までびしょ濡れ(聞きたくないって?)。ほんの20分くらいの集中豪雨に、これこそ苦難ありなフジロックだ!とワクワク。って言ってもこれは、これから晴れるだろうという楽観的なものだったんだけど、その後はしばらくこんな調子・・・そして大嫌いな雷。だんだんとテンションが落ちて行く・・・。

■BEN FOLDS(グリーン)
潮音ちゃんを見るため4曲で途中抜けしたので見たと言っていいかわからないけど、初めて生で見ました。自己紹介で「コンニチハ、ベンチャンデース」と日本語で言っていたのにちょっと拍子抜け。きっと悪い日本人に間違った日本語を教えられたのかも(笑)。BEN FOLDS FIVEの曲もやってくれて、そこそこ楽しむ。

■湯川潮音(木道亭)
ホワイトステージからフィールドオブヘブンへ向かうボードウォークにあるちっちゃいステージで潮音ちゃん。これ、彼女の実力や人気に見合ってないでしょ・・
・ステージ小さすぎ。なので人がいっぱい!正直溢れすぎてボードウォークの機能が果たせてなかったぞ。そして僕はほとんど彼女を拝むことができませんでした(ちょっと見えたけど、相変わらず可愛い・・・)。雨がザーザー、雷が激しく鳴る中、一生懸命に天使の声で歌う潮音ちゃんは良かった。かなり近場に落ちた雷が鳴ったときに、潮音ちゃんが「雷、イエーイ!雷ありがとう!」と言ってた(笑)。雨の森の中の雰囲気も彼女に合っていたんじゃないかなと。結果的にはオッケーという感じです。

■MICHAEL FRANTI AND SPEARHEAD(ヘブン)
すっかり昨日のライブでフランティーボーイとなった僕はこれを見逃すまい。やっぱ良いです!ノリが良いし、曲も良いし、フランティーも良い。でかくて格好良いんだよなー。びしょ濡れでテンション激下がり(でも潮音ちゃんでちょっと復帰)な僕でしたが、楽しみましたよ!そしてフランティーの途中から雨は完全に止み、空には美しい夕焼け、そして虹までも!!なんとマジックな!素晴らしい演出です!偶然といえども。なんか神がかった感じだなと。そういうのも含めて、今年のベストアクトはフランティーかなと。
d0100791_0312994.jpg
d0100791_0314269.jpg
d0100791_0315539.jpg

で、さすがに身体は冷えきってヤバい感じだったので一旦テントに戻り着替えをして最後のアーティスト、THE MUSICに備える。

■THE MUSIC(ホワイト)
ようやく、ようやくライブが見れました・・・。何度かチャンスはあったものの、いろんな事情で見れなかったTHE MUSIC。いやー、格好良いなあ。UKロックってあまり聞かないんだけど、彼らはデビューしたときのアルバムを聞いた瞬間買っちゃったもん。そしてライブの方ですが、これまた安心してみれる(笑)。でも、初期の頃に僕が思っていた時から時間がかなり経っているためか、熱くなる何かってのはなんかわき上がって来なかった・・・。うーん、僕も歳かなあ。


その後はクロージングのASIAN DUB FOUNDATIONなんだけど、もういいやーって感じでNさんと再度合流。彼の仲間とところ天国で飲んで、その後はフジロック名物、アンオフィシャルな団体「PRF」のアクトを観に行く。「PRF」とは延々と小室哲哉の曲を流し続け盛り上がる団体で、今年方向性の違いから解散するということ(笑)。そのなんかよくわからないノリと、この三日間続いたユルさと、実は小室系音楽に浸った時期のある自分としては変に盛り上がってしまった。ちょっと自分の中では裏ベストアクトだもん(笑)。

そしてあっという間に三日間も終了。テントもさらっと片付け、毎年のように貝掛温泉に行ってゆったり温泉につかって疲れを癒す。いやー、今年もしっかり楽しませていただきました!また来年もよろしく、フジロック!
[PR]
by tacca884 | 2008-08-01 00:41 | 音楽