「ウェブ進化論」の「玉石混淆(ぎょくせきこんこう:Wheat and Chaff)」的に、"石"とするか"玉"とするかはアナタ次第です。Appleネタと本で生きてます(笑)。雑記は別ブログあり。


by tacca884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

[本] iPhoneが作れれば何でも作れる:iPhoneをつくった会社

iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化 /大谷和利

アップル関連の書物を読み続けていると内容が似通ってきたり、一度読んだ話が何度とあったりするのだが、比較的これは新鮮な感じ。最近出たiPhoneをベースにして書いてあるところがそういう印象を与えるのかもしれない。

話題としては新し目なところだけど、やっぱりアップルと感心させられるところが多い。基本的にスティーブジョブズやその周辺の優秀な人間のブレない「自分たちの欲しいものを作る」というところは変わってはないのだけれど。

携帯電話の業界という既に市場が確立しているところに後発で入っていこうと思ったのは相当の自信があったからではないかと思う。世界のユーザは実は携帯電話やそのキャリアに不満を持ちつつも、生活必需品としてもたなければならない事情があった。そこで業界のしがらみのないアップルがiPhoneという革新的な携帯電話を導入する。キャリアに対しても強気の交渉、ビジネスのセンスで「キャリアありきの携帯電話」から「iPhoneの使えるキャリア」という、携帯電話端末が言葉の先に立つ逆の立場を作ってしまった。

この本の中で一番印象に残り、そしてアップルのある意味怖さを感じたところは、彼らがiPhoneを作れるということは、あらゆるデジタル製品は作れるということだというところ。iPhoneのOSはMac OS Xであり、これはスケーラビリティの高いOSである。そしてiPhoneやiPod、MacBookなどのプロダクトを触ったことがあればわかるがハードウェアの設計の高さ、そして強力なインターフェース。これらを自社でまかなって創り出せるという技術力、そして市場への投入の速さなどを考えると、どんなデジタル製品の企業もかなわないのではと思ってしまう。今はコンピュータ、デジタルオーディオ、携帯電話というところに収まってはいるが、自分たちのポリシーや方向性さえあえば、参入できる領域は無いかと目を光らしているはずだ。

そして、まさしく"コンピュータ"となっているデジタル製品は、OSやアプリケーションのバージョンアップをすれば他の能力を備え、パワーアップする。今までiPodで音楽が聴けるだけだったのに、動画が見れ、スケジュールやアドレス帳まで取り込めるようになる。これは最初から何でもできるPDAにしてしまうと、ユーザはそれを「PDA」と認識してしまい、間口が狭くなる。また、PDAは浮き沈みの激しい市場でもある。しかし、ここを最初iPodでデジタル携帯オーディオとして売り出して、バージョンアップでPDAのような機能がつけば、ユーザの間口は広く浮き沈みも激しくないのである。

そしてiPhoneにもアップルの巧みな戦略が含まれている。実はアップルとしてはどこでもアクセスできるインターネット機器を売り出したかった。しかしそのような売り出し方をすれば一部のマニアには売れるが間口は狭くなる。そこで「ワイドスクリーンのタッチiPod」や「革新的な携帯電話」として売り込んで、比較対象を既に市場にあるiPodと携帯電話としてユーザに認識させる。その後、ユーザは「強力なインターネット機器」であるiPhoneを使っているうちに気がつく。それこそアップルの狙いだったのである。

これの象徴的な出来事が、iPhoneの発表のときである。スティーブジョブズは3つの新製品を出す(実際は3つの機能が合体したiPhoneだったが)と言い、「a widescreen iPod(ワイドスクリーンiPod)」「a revolutionary phone(革新的携帯電話)」までは観客大騒ぎ。最後の「a breakthrough Internet device(新しく開かれたインターネット機器)」での微妙な観客の反応。確かに誰もその凄さにはピンと来てなかった。しかし実際使った時にiPhoneの素晴らしさを感じたのは、ワイドスクリーンのiPodでも携帯電話機能でもなく、どこでも繋がり、操作性の良いインターフェースを持つインターネットコミュニケーションであった。

正直、こんな凄いものを作ってしまったアップルはこの先、どういうものを出してくるのだろうかと思う。そしてiPhoneやiPodの成功は素早く決断力があり、責任をとろうとするカリスマ的経営者スティーブジョブズの存在が大きい。期待が大きい分、彼が居なくなった時、そして再び道を間違えた時の痛手は大きいはずだ(ジョブズが居る限りは大丈夫そうだが)。いろんな意味でまだまだ楽しみや話題を振りまいてくれるアップルに、人生を少し取り込まれてしまっている自分がここにいる。

iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化 (アスキー新書 (073)) (アスキー新書 (073))
iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化
[PR]
by tacca884 | 2008-09-02 01:38 |