「ウェブ進化論」の「玉石混淆(ぎょくせきこんこう:Wheat and Chaff)」的に、"石"とするか"玉"とするかはアナタ次第です。Appleネタと本で生きてます(笑)。雑記は別ブログあり。


by tacca884
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

[ネタクリップ] iPhone失速? マルチタッチの先にあるもの

スマートフォン戦線異常あり iPhone失速、ドコモ攻勢 - ITmedia News

僕がアップル好きだから擁護するわけでもないんだけど(でもバイアスかかってるが・笑)、わかってない。日本の携帯電話事情に特徴的である絵文字、ワンセグ、おサイフケータイが無いこと、日本に投入する上で日本向けに作らなかったことが失速の原因だと言ってるが、たとえそうでもアップルは日本向けには作らない。なんせ相手は世界であり、ガラパゴスな日本の方がおかしいから。

世界のどこかのために合わせ込んで作ることはアップルの戦略ではない。それによってコストを抑えている。一番大きなところは自分たちの思う欲しいモノを作るという点で文化、地域の要素を省いたうえで人間が欲しいと思うモノを作る。考えている次元が異なるのだと思う。

確かに他で日本に参入してきて日本向けに作らなかったために撤退したサービスはいっぱいある。Yahoo!Japanのようにソフトバンクが運営するようになれば、Yahoo!でも日本向けに作れる。これがヒットの要因でもある。

iPodは世界的に見ても、日本で凄く売れているという話を聞いたことがある。確かにポータブル音楽再生機器の市場はあったが、iTunes連携での便利さや、既存のHDDやフラッシュメモリーの音楽再生機器の使いにくさがあったため市場を切り開いた。しかしiPhoneは既に日本で築き上げられている携帯電話市場では(確かにマルチタッチは新しかったが)大きな差別化は出来ず、歯が立たなかった。そしてPC必須という面もそうだろう。案外携帯電話は使いこなすがPCを使ってない(持っていない)という人は多い。PCレスでiPhoneが使えるなら、パソコンを手に入れたに近くなりヒットしたかもしれない。

既存市場があまりにも大きかった点、日本にとってはキラーアプリとなっていた機能がまるまる無かった点、日本の保守的な文化という点で、今回はなかなか難しいのかもしれない。


Beyond Multi-Touch: Voice, Gaze, Facial Expression Recognition - Mac Rumors

マルチタッチの次として、音声認識、顔認識、視点認識の特許を出願とのこと。確かにマイクはあるし、iSightもほとんどのMacには搭載されているから取り入れようとすればすぐにでも出来そう。バイオメトリックス認識も含まれているなあ。
声で色を変えるコマンドを言ったり、視点でマウスポインタを動かしたり、顔の表情からユーザのフラストレーションを感知してヘルプをしたり。今後Macってどうなっちゃうんでしょう。
[PR]
by tacca884 | 2008-09-06 12:13 | ネタ