「ウェブ進化論」の「玉石混淆(ぎょくせきこんこう:Wheat and Chaff)」的に、"石"とするか"玉"とするかはアナタ次第です。Appleネタと本で生きてます(笑)。雑記は別ブログあり。


by tacca884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

[ライブ] 椎名林檎(生)林檎博08@さいたまスーパーアリーナ

とうとう行ってきましたよ!!待ちに待った椎名林檎のデビュー10周年記念ライブ、生林檎博に!しかも取ったチケットは一枚二万円もするプレミアムシート。入り口も他の庶民(笑)達とは違って空いてる空いてる(笑)。そしてグッズ売り場もなんとプレミアム用に設けてもらっているのでそんな時間もかけずTシャツや記念パッケージをゲットする。

そしてプレミアムの特権としては、もらえる特典が凄い。保温の利く携帯マグ(しかもプレミアム用デザイン)などなど頂けた。そしてやはり空いているというのが気持ちが良い。トイレだって並ばない。プレミアムシートゾーンは当然アリーナのステージがバッチシ観れる位置へ。

そして開演!とにかく林檎ちゃんは凄いです!本当エンターテイナー。サービス精神満載なわけですよ!!歌った曲は基本的には事変も含めて彼女が作ったものが基本。しかもあまり聴けない初期のアルバムの曲をバンバンやってくれるのが嬉しい。

先ずはストリングのために舞台に入る指揮者のネコさん。白いスーツが格好良い。ネコさん指揮のストリングが入るって時点でこちらの興奮は最高潮!!そしてそこに現れる椎名林檎。なんかね、ファイナルファンタジーのシヴァ神のような格好。イッてます。凄い衣装です!なんか神がかった感じになってました!!

あと、何が凄いかって、彼女は本物のエンターテイナー。こちらが欲しているものをちゃんと把握している感じがする。

ヤバいのは、「勝訴エクスタシー」バージョンの「浴室」をやってくれたことが。イッちゃっている林檎ちゃんを観ましたね。包丁を持って超高速でリンゴをカッティングする林檎ちゃん。リンゴに包丁をブッ刺して切ったリンゴを吹っ飛ばす林檎ちゃん。舞台の上に台所のシンクが用意されていてリンゴをぶった切りまくり。初期の林檎のイメージ。これはゾクゾクしましたよー。

その後もデビューして10周年なのでその軌跡の紹介や、林檎ちゃんそのものの30年の歩みも曲間でバッチリ紹介。盛り上がる会場。そこで林檎ちゃんの息子の声を使うわけですが、それは卑怯でしょー(笑)。そして一番の盛り上がりはここでしょう、お兄ちゃんの椎名純平の登場。「この世の限り」は素敵だったなあ。きっと林檎ちゃんはシャイなんだと思うんだけど、照れながらも尊敬のまなざしでお兄ちゃんを紹介できるなんてなかなか出来ない。真に通っている人。何をすべきをよくわかっているなと思う。なんか林檎一家総登場な感じのライブでしたが、林檎ちゃんがファミリーというものを重要視している感じはしたなぁ。やわらかく、気持ちよく歌ってくれていたし。


とにかく楽しいライブでしたよー。会場の大きさにあまり気になんなくて。改めて思いましたね。椎名林檎ってエンターテイナーでアーティストなんだなと。自分が外部から観られているイメージと、ちゃんと評価できる人達のイメージがうまく混じり合った感覚。期待通りの事もするし、いきなり意外な演出をしたりと。ともかく面白すぎだし感動してしまうんです。 涙が勝手に出てきてしまうんですよ!

そして見どころは椎名林檎の衣替え。何を着ても似合うなあ。最初のボスキャラみたいなのはちょっとどうかなって言うのもあったけど(いや、素敵なんですよ!)、黒いコートだったり、可愛いワンピースだったりと彼女の可愛さを味わうことができたし。


今回のライブを観て思うのは自分をここまでにしてくれた人への感謝の総決算という感じでした。当然ファミリーに対しても、今まで自分を救ってくれた人に対しても、そしてファンに対しても敬意を示していて、全てが美しいです。

正直言えば今回のライブは今までの椎名林檎のライブでも最高だし、他のライブを並べても最高だと思う。そして今後もこんな凄いライブがあるかって言われると出ないかもしれない。でも、彼女ならやってくれるでしょう!!これからの椎名林檎の活躍が楽しみです。
[PR]
by tacca884 | 2008-12-01 02:18 | 音楽