「ウェブ進化論」の「玉石混淆(ぎょくせきこんこう:Wheat and Chaff)」的に、"石"とするか"玉"とするかはアナタ次第です。Appleネタと本で生きてます(笑)。雑記は別ブログあり。


by tacca884
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:日々( 36 )

[雑記] 突然の復活

一年以上も空いてしまいましたね(笑)。このまま復帰しない気もしてたんですが、なんとなく書いてみようかなと思い、書いてみました。

いや、ブログが止まってから色々ありましたな。入籍して、結婚し、会社の中で部署も異動し、今までの経験もなかなか活かせない新しいところでかなり苦労しながらやってます。一年ちょい前にブログが止まったときも多分、仕事かなんかでバタバタで気持ち余裕がなかったんだろうなと。

その後も、異動、結婚などで優先度の高いものがいっぱいあって、何かと自分の中で整理がつかないままなんとかやりきってきたところもあります。

とにかく、最近もそうですが仕事もなかなかうまくいかないので、ちょっと自分の中の優先度とか、気持ちの持ち方とかを変えてみないといけないなと思ってます。変わらなければ、何も変わらない。悪化するかもしれないけど、好転もしない。停滞することが最も恐れるべきことなんだと。

ということで、何かとまだまだな私ですが、ちょっとずつ変えていきたいと思ってます。また、よろしく。
[PR]
by tacca884 | 2011-06-12 02:47 | 日々
2010年あけましておめでとうございます。今年は実家には帰らず東京で過ごしました。思った以上に人が少なく静かで、帰省ラッシュの混雑や渋滞にもまれて疲れてしまうよりのんびりゆっくり過ごせた年末と年越しでした。こういうのもいいですね。

2009年は2008年以上に本を読む予定でしたが、後半から仕事が忙しいのと不毛な感じで心が折れてしまい、継続出来ませんでした。スポーツクラブもつぶれたりで、その後あまり運動出来てなかったりと。自分の状況と世間の状況の良くないところが重なったところもありました。しかしそれ以上に人生のターニングポイントになる出来事もあり、今までの自分の中では生まれなかったものが生まれ、そういう面でとても充実した一年ではありました。

さて、2010年はどうするか?2009年やり切れなかったことと、2009年に築きあげたものをちゃんと自分の中にベースを引いて着実にやっていこうかなと。忙しくて焦りすぎてしまったところで結局何も出来てなかった2009年からはやり方や考え方をうまい方向に変えて、「焦らない、でもスピーディーに着実に実行する」「バランスをもって、真剣にやること・適当に(適度に)やることを見極めて行動する」をモットーにしたいです。

それでは皆様、今年もよろしくお願いいたします!
[PR]
by tacca884 | 2010-01-01 12:12 | 日々

[雑記] 気分変えて

ブログのスキンを変えました。元々自分で作っていたオリジナルのスキンだったんだけど、なんか観にくいなと何故か思ってしまい、今はエキサイト提供のやつです。シンプルだなあ。

で、どうしよっかな、このブログ・・・元々年100冊の本を読むという目的も達成は出来なさそうだし、というか全然読んで書いてないし・・・。

今後の自分をどうすれば良いか、それをとても考えさせられた一年だった。そういう意味でビジネス本から得られるものじゃない部分で得る事が多かったから、そういうどこかの他人の、みんな向けに書かれたノウハウが必要な年ではなかったですね。そういうテンションの時期なんですかねー。今年は。
[PR]
by tacca884 | 2009-11-29 23:49 | 日々
もう一方のはてなの方似も書きましたが、こちらにも書いておく事にします。


最近書評もあまり書けていない。本当に本を読む間と読む気力が無い感じ。去年週に2~3冊読んでいたあの時代はどこへやら・・・。そのせいか、このブログのあり方もかなり微妙になってきている。なのでくくりとしてWheat and ChaffはAppleネタと書評にしたがそれがまた方針にブレがある感じになってしまっている。もう一方のはてなの方は日記とかネタとかそういうのでライトにかけるしそれなりの更新度だし。
書評が遠ざかってしまったのには理由があって、結構読む事自体は早いがそれをまとめるのに時間がかかっている。

1.まず20分くらいで一冊を読む。
2.もう一度同じ本を先ほどよりは早く読む。そのとき気になるところに付箋を貼る。
3.付箋のところだけをパソコンでテキストに落とす。
4.そのネタを元に書評を書く。

この行程のなかの、「付箋のところだけをパソコンでテキストに落とす」というところが面倒くさい。後で使えるようにしたいとか検索性を良くしたいからデジタルのテキストに落としているのだけど、これが裏目で時間がかかる。しかも再利用はほとんど出来ていない。

ここさえうまくやれれば、書評自体は30分も無くかけそうだから、1時間くらいで一本かける計算になりそう。

うむ、ここを改善した方が良いな。デジタルのテキストに拘らない方が良いだろう。わざわざ本から抜き出した言葉を欲しているわけではなく、その言葉を自分の中で咀嚼し、自分の言葉で発信することが必要だなと。これは勝間さんの「目立つ力」のブログの書き方にもどう自分の言葉でブログが書けるか?が数多くあるブログのなかで活きてくる情報になるのだから。
[PR]
by tacca884 | 2009-10-20 00:17 | 日々
なんか本当にヤバい。ブログを更新する力がちょっと落ちてます。本も読んではいるんだけど、書評にまで落とせていない・・・。なんか年に一度こういう落ちた時期があるんだよな。

あと、このブログ、伸び悩んでます。アクセス数を気にしたりしても仕方が無いんだけど、なんか公開してまで書いているのだからもっとみんなに見てもらえるような努力をしないと!という意味だと記事をいっぱい投稿した方がいいんだろうけど。

ちょっと感じたのはこのブログの位置づけが微妙なところがいけないのではと。書評あり、映画あり、音楽あり、アップルネタあり・・・。なんかブレブレで、見てくれる人をあまり惹き付けないのではないかなと。

会社の経営でもそうだけど、選択と集中というのをしていない会社で、妙に多角経営に手を出してしまい、ブレブレになって結果的に良い業績を残せない、なんてことがある。

ということで、ブログを分けようと考えてます。こちら「Wheat and Chaff」は、書評、ビジネスもの、ITガジェットもの、アップルネタなど僕の主の仕事やモチベーションの元になっていることに集中しようと思います。もう一方は日々の雑記、音楽、映画、面白ネタものなど毎日脳みそ使わなくてもバンバン書いていけそうな記事にしたい。

ということで現在立ち上げ中。しばしお待ちを。
[PR]
by tacca884 | 2009-04-19 21:39 | 日々

[雑記] GIOS CANTARE購入!

d0100791_19465183.jpg

最近は多忙な上、ちょっと気分が乗らないのもあり、書評してません。今の山場を越えたら再開しようかなと。普通に雑記でも書きます。

二ヶ月前に注文していた自転車が船に乗ってようやくやってきました!購入したのはイタリア製のGIOS(ジオス)で、モデルはCANTARE(カンターレ)です。フラットなハンドルで9×2段階切替、色はもちろんGIOSといえばジオスブルーです。

購入したお店から自宅まで8キロくらいあるのですが、1時間もかからずでした。途中駒沢公園に寄ってサイクリングコースを回ったりしてたので実質は40分未満でしょうか。いやはや、今日は天気が良かったので快適なサイクリングになりました。あと、やっぱり自転車乗りで花粉症持ちだとヤバそうですね。僕はまだ違うのでよかったですが。

車を売ってしまった後、公共機関と歩きが主体な私でしたが、行きにくいところへすいすい行けそうで、なんか楽しくなってきました。案外東京という街を知らないので、自転車で細かいところを見て回れるといいなあっと思ってます。

懸念点としては、お尻が痛い・・・。これはこういうものなんでしょうか?乗り方が悪いのか、それともそういうクッション的なものを入れないといけないのかな?サドルはカスタマイズできると思うのでちょっと検討が必要かもしれない。あと、自宅の駐輪場が雨ざらしなので部屋の中に入れることにしたのですが、これが部屋の入り口を占拠してます(笑)。 吊ったりして収納できるやつとかいるのかなあ?

ということで、これからいろいろ自転車関連のものをそろえていこうと思います。(きっとこの趣味も金食い虫なんだろうなあ・・・)まあ、この手の自転車乗りの人では先駆者のすごい人たちもいっぱいいるとは思いますが、自分なりに自転車ネタも書いていこうと考えてます。
[PR]
by tacca884 | 2009-03-21 19:48 | 日々
[雑記] 勝間さんの書評で参加賞に選ばれました!! [from Wheat and Chaff]

以前のブログの記事にも書いたように、本ブログでの勝間さんの著書「読書進化論」の書評が、ブログ感想文企画の中で参加賞に選ばれこの度商品の勝間さんサイン本が届きました!
d0100791_23492136.jpg

中には選ばれたブログの一覧がありますが、しっかり私のブログも載せていただいてます!(写真が小さいので見え難いとは思いますが)

さてさて実際のサインの方ですが、こんな感じ。
d0100791_23501538.jpg

本名が書かれているので隠してはいますが(笑)しっかりお名前を入れていただきました。そして勝間さんの性格を感じるシンプルなサイン。そして、「For "Book Lovers"」というお言葉。ますます本を読もうという気持ちにさせてくれます!

本当にありがとうございました!
[PR]
by tacca884 | 2009-01-28 23:54 | 日々
すっかりタイミングを逃してしまいましたが、明けましておめでとうございます。

昨年の年末は色々ありましてあまり書評が書けておりませんでした。まあ、単なる言い訳なのでこれでどうこうという話はないのですが・・・。

2009年はより一層、仕事もプライベートも充実させ、物事の本質を捉えて効率化し、自分のことや世の中のことを真剣に見つめて行こうと思います。去年よりは本ももっと読みたいですし、ガジェット・アップルネタも色々書いていきたいと思います。

ということで、企業っぽくミッション、ビジョン、バリューを書いておこうかなと。

【ミッション】
ブログを通じて、本や情報、経験などの自分が得たインプットを自分の中で咀嚼した結果ブログを読んでいただいている方に対して価値のあるアウトプットを提供し続ける

【ビジョン】
(毎年テーマにしていることなんですが・・・多分どこからかパクって来てるんですが記憶が無い・・・)「頭はクールに、心はホットに」を基本とし、冷静に本質を捉えた記事を書き、時にはハートに響く熱い気持ちも表現できるようにする。

【バリュー】
昨年以上の本を読み、読んだ本を記事化する率を上げる。
・毎日更新というムリはせず、しかし多くの日数を空けずに更新をする。
・流行・鮮度を落とさないことを心がけつつも、それらに流されないようにする。
・人、モノ、企業に敬意を評し、批判的でネガティブな記事は書かない。(改善点などがある場合はポジティブな提案をする

稚拙な文章ではありますが、楽しんでいただければ幸いです。今年もよろしくお願い致します。
[PR]
by tacca884 | 2009-01-03 21:57 | 日々
iPhone不振は「想定内」とKDDI小野寺社長 「スマートフォンよりケータイの方が使いやすい」 [from IT Media]

[WSJ] AppleのiPhone 3G、日本での売れ行きは低調 [from IT Media]

本当にそろそろどうにかしてほしくなってきた、日本の携帯電話事情。iPhoneの位置づけやあり方というものを理解せず、自分たちの都合の良い視野のみで言及している。まあ、こういう強気の発言は会社のトップとしてはどういう理由を付けてでもやらないといけないのは仕方がないことではあるが。auはようやくスマートフォンに参入のようですがあまり積極さを感じられないですね。

日本では絵文字やワンセグが必要だとか、日本向けにローカライズされていないのが売れない理由だとか、言えば言うだけ日本の多くの人は日本という国の中で楽しくランランとしていたいんだなと思ってしまう。あらゆる状況を見ると日本だけで物事を考えることはかなり危なく感じることが多くなった。国債つまり日本の借金は平成19年度で約550兆円。中国をはじめとするアジア圏の成長により他国から日本抜きで話をされてしまいがちな昨今、より引きこもりを目指そうとするのか?(そういや以前読んだな、引きこもり国家・日本
今あるガラパゴスな状況を危うく感じなければいけないのではと思う。その象徴が携帯電話業界であったりする。各個人が世界に繋がることが出来る時代。その中でも手軽に持って身の回りに常にある携帯電話は、グローバルに生きる上での格好のツールであるにも関わらず。

世界の大半のユーザがiPhoneを使いこなせているのに日本だけそれを上手く示せていないというのはどういうことだろうか?確かにその魅力の紹介が積極的にメディアでされているかというと、騒ぎだけ大きくてその辺の本質は少ない感じだ。日本人はなんかテクノロジーとか、先端製品というものにアレルギーがあるように思える。食わず嫌いというか、もう最初からシャットアウト。

みんなが日本のガラパゴスな携帯電話を持って引きこもっている。みんな携帯電話で世界に繋がっているようで、全く世界には飛び出してはいないんだなあ。
[PR]
by tacca884 | 2008-09-17 23:58 | 日々
emogayu
d0100791_23105768.jpg

日曜に友達のFukuda Yuriちゃんが陶器のインスタレーションを開催していたので遊びにいきました。

開催場所だったLIFTというスペースはなかなか面白い作りで、基本展示する場所は地下になっている。その天井が空いていて、一階入り口を入ると地下を見下ろせるような構造になっている。壁は白く塗られ、床はコンクリートの打ちっぱなし。彼女の作品も白系統が多く、ちょっと朽ちた感じのイメージもあるのでピッタリな空間でした。
d0100791_23143642.jpg

肝心な彼女の作品ですが、名前に「volcano.」とあるように、火山や噴火口をイメージしているよう。
d0100791_23162895.jpg
d0100791_2316544.jpg

全体の下部を見ると陶器としての形は成立している中、その上部は火山口のように規則性の無い生き物のような口を開けている。元々が丸く、閉じた何かだったものが、その上部を熱く融解させ、中に閉じ込められていたものが爆発して飛び出した跡かのよう。その爆発以前と以後の時系列がまるで目に浮かぶようなストーリー性のある作品だ。
d0100791_23215467.jpg
d0100791_2322921.jpg

日常で彼女の作品を使うのであれば、花や植物などを一輪でさりげなく飾るには良いと思う。volcano.という火をイメージさせる作品の中、細く緑の植物が顔を出している姿は生命の力強さを思い出させるようだ。
d0100791_232639.jpg
d0100791_23262041.jpg

しかし、陶器というのは奥深い。色が派手ではないが、その土から醸し出される表面の流れは美しい。触ったときの触感、そして光による陰影。まるで人間の肌のように生き生きとしているが、冷たくヒヤリとする。この質感も、炎とのギャップを感じるところではある。しかし、そのギャップこそが作品の美しさでもあり、魅せる多様な顔でもあるのだ。
d0100791_23302466.jpg
d0100791_23303840.jpg


多分、3時間近く、あの場所に居て、彼女の作品に囲まれていたのだけど、本当に居心地が良かった。また彼女の新しい「子供たち」が見られることを楽しみにしたい。
[PR]
by tacca884 | 2008-08-25 23:36 | 日々