「ウェブ進化論」の「玉石混淆(ぎょくせきこんこう:Wheat and Chaff)」的に、"石"とするか"玉"とするかはアナタ次第です。Appleネタと本で生きてます(笑)。雑記は別ブログあり。


by tacca884
カレンダー

<   2008年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

デザイナーが手がけたソーラーパネルケータイを披露――KDDI、CEATECに出展 [from IT Media]

さー、ガジェット大好きっ子さーん。始まりますよ、CEATECが。あー、見に行きてぇなあ。土曜にプライベートで行っちゃおうかなぁ(笑)。

さて、まあ注目するべきは携帯電話なんですが、ざっと記事を見る限りは各社たいした出展はなさそうですね。ソーラーパネルは別に新しくは感じませんでした。この記事で気づいたんですが7月に新しいau design projectのコンセプトモデルが出てたんですね。「ガッキトケータイ」と「PLY 」が。まあ、ガッキトケータイはおいといて・・・PLYは結構好みです。正面のiPhone感はこういうタッチパネル系の携帯電話では、まあ似てしまうのは仕方がないとして、本体のサイドがタブになってて、そこに機能が割り当たっている。イメージとしては「層」をイメージしているとか。

うーん、最近はiPhone売れてないとか発言や、企業的にも純増4位とかで私をガッカリさせてくれているau by KDDIですが、このコンセプトモデルはなかなか面白い。出たら、買い替えるかも(iPhoneはもちろん残しますが)。

そういや、ソーラーパネル搭載の携帯電話って、実はAppleも特許出願していたり(笑)。案外皆さん携帯電話でのエコ、考えているんですね。
[PR]
by tacca884 | 2008-09-30 01:56 | ネタ

[CD] 口ロロ:Tonight

TONIGHT/口ロロ

タイトルは文字化けじゃないですよー(笑)。口ロロと書いて「くちろろ」と読みます。

結構前から好きだったんですが、なんかちょっと前のがあまり好きじゃなかったり、メンバが色々入れ替わったりで暗中模索感があったのですが・・・今回の最新アルバム「Tonight」 はやってくれましたよ!

まずもう一曲目の「Skywalking」の音を聞いた瞬間、あ、このアルバム好き!って思ってしまった。初っ端からキュンキュンさせられる音、メロディ。なんかツボを心得ているというか。

そしてなんと言ってもこのアルバムのタイトル曲の「Tonight」がイイ!先ず歌詞の出だしが「死んでみた」って、オイ。結構それだけでもインパクトあるんだけど、最初は結構ネガティブな感じなんだけど、聴いているうちにポジティブになっていくのでなかなかジーンとします。まあ最初はなんか歌詞だけ聴くとちょっと熱くって、若いなあって思ってたんだけど、この曲はメロディとアレンジが最高!それに熱いメッセージが乗ると格好良いんですよ。

他の曲もバリエーションも豊富だし、ラップもあったり、お得意の超ポップもあり。なんかようやく方向性が固まってきたように思えます。

TONIGHT
TONIGHT


■YouTube:Tonight

[PR]
by tacca884 | 2008-09-29 00:26 | 音楽
食欲の秋、スポーツの秋と色々ありますが、芸術の秋とも言います。土曜は友人のオススメもあったのでBunkamura ザ・ミュージアムにジョン・エヴァレット・ミレイ展を見に行きました。 (人物の詳細はWikipedia参照)

普段積極的に洋の絵画は見に行ったりしないのですが、これは行ってよかった。引き込まれました。写実的なわりに若干デフォルメ感を感じる見やすさがあります。そして洋絵画にありそうな暗さがあまり感じられない。言い方が正しいかわからないけど、ポップだなと。色使いも鮮やかな赤とか緑とか使っているし。光の感じや、服のしわ、人物の髪の毛など、写真っぽく細かく描かれています。

メインの「オフィーリア」は本当美しい。女性のやわらかさ、そしてその絵の背景にある悲しみ。周りの植物の緑は鮮やかなのにそれに対比して暗い川に浮かび沈んでいく。実物の絵を生で見るとその細かい描き込みにため息が出ます。このオフィーリアの元となっているシェークスピアのハムレットにもちょっと興味が出てきました(すみません、不勉強でハムレットのことを知らないので)。

その他の作品も、人間の表情や質感が伝わってきそうです。そういうところで写真的なイメージがあるのかなと。是非生で見てほしいです。

Bunkamura ザ・ミュージアムで10/26まで。(詳細
[PR]
by tacca884 | 2008-09-28 22:29 | イベント
フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術/寺田昌嗣

何度もやってしまいがちな間違い。それは目的が変わってしまう事、結果どうしたいかを忘れ、行う事自体が目的になってしまうこと。ここ最近、読書においても僕の中でそういう面が出てきてしまった。仕事も忙しくなったけど、本も読みたい。そしてブログも書かないと・・・と思っていたら、本を読むのが、ブログに書くという目的になってしまっていた。

あれ、僕が読書をして得たかった事、やりたかった事ってそれだっけ?

新刊本買って、とにかく読みまくる。そして重要だと思ったところに付箋を貼っていた。そしてその付箋を貼ったところをマインドマップにまとめてブログに書く。書いたものの、自分の中で何が残ったのでしょう?書いたという満足感だけ。

ということで最近あまり本を読んでませんでした。目的を完全に失っていた。何を読みたかったのか?何を得たいのか?その辺がブレていたんだなと。

そのブレを無くすべく、何を目的に読むのか?どういう投資対効果(読書にかける時間)でその本を読むのか?自分のおかれている状況はどうなのか?を明確にする必要がある。つまりTPOだ。

この本は、速く読むことの技術面を訓練させてくれる演習もあったりする。章や節のタイトル・見出しと序盤だけをサッと読んで文の中身は流し読みする。読書する時の視野を広げるなどなど・・・。実際にこの演習をやってみると確かにゴリゴリのテクニックという面では速読は出来るようになっていく。ただそれとは別の視点で重要なのは、本を読むことにおけるTPOを明確にするべきであるということ。つまり「ハード」面のテクニックではなく「ソフト」面のテクニックだ。ただ速く読む、ポイントだけを拾い上げるだけでは自分の中に身に付かないのである。

そしてただ、読んだだけで本の著者の書いていることだけを吸収してもあまり意味はない。それを読み取った自分が、自分のフィルターを通してどう自分のアレンジをして実際の仕事や生活に役立てて行くかが大事なのである。この本ではデフォルメすると書かれているが、まさしくその考えだろう。僕はこの本で言われる「著者本の縮小コピー」ばかりをブログでアウトプットしていたに過ぎないと思ってしまった。

とにかくビジネス関連の書籍やネット・ブログの記事では、多読せよ!速読せよ!の煽りが多い。そういうものに流されずに今の自分がどうしたいか?将来どうなりたいか?という「あるべき本質」にフォーカスするのが、日々忙しく限られた時間の中でスキルアップし、会社や世の中に貢献していくための近道になると思う。

フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術
フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術
[PR]
by tacca884 | 2008-09-27 12:22 |
初のAndroid携帯「T-Mobile G1」の全機能一巡デモ、UIはスムーズ(動画) : Gizmodo Japan

T-MobileのG1に触ってみたよ!(動画&写真&長文レビュー) : Gizmodo Japan

出ました!Googleのandroidを使ったスマートフォンがT-Mobileから。ギズモードさんの記事では動画で紹介されています。

iPhoneのようなマルチタッチはないけれどタッチパネルの使い心地はスマートそうに見えます。iPhoneより良さそうなのはマルチタスクでしょうか?使っている機能が画面の端から引っ張り出して呼び出せるようになってます。パソコンのディスクトップみたいなところにドロップ&ドラッグもできるようなので、感じ的にはWindowsに近いのかもしれません。

音楽はAmazonのMP3ストアから購入できるようですが、記事によればSDカードが入ってないとダメなよう。本体のストレージはそういうデータを置いて再生するような仕様ではないそうです。iPhoneでいうところのApp StoreもAndroid Marketという名前で同じようにダウンロード出来るそうです。

僕の勝手な印象では、「Windows Mobile以上、iPhone未満」という感じ(以下ではなく未満というのがミソです。つまりいいところまで行ってるけど、iPhoneほどではない)。確かになかなか面白いモノにはなっているようですが、iPhoneのような興奮はなかったです。これがiPhoneと発売が逆だったらと思うと・・・。やはり早く市場投入するというのは大事なのですね(品質の面もいろいろありますが・・・)。

こうやってみると、機能の面や操作性は先にiPhoneありきだった部分も多少あるように思えます。もし日本で出たとしても、今のiPhoneやアップル製品にガッカリしている人で、でもWindows Mobile使いたくないなあという中途半端なところで需要がありそうです。

そして大事なところが一つ。結局のところ、GoogleってWebベースのアプリケーションしか作れてない。アップルの強いところはソフトも、そしてハードも親和性を考えて作ってくるところである。Amazon MP3ストアがよく出来ているにしたって、やはりiTunes+iPod(iPhone)の最強タッグは両方の出来が良くなければダメなわけで。

どれくらいiPhoneの需要・人気に肉薄してくれるのかは楽しみなところ。そうやって頑張ってくれていると、きっとiPhoneの方も洗練さを上げてどんどんその他大勢の携帯電話を引き離してくれるでしょうから(笑)。


ワイヤレスメモリカードEye-Fi、年内に国内で発売へ - Engadget Japanese

来た!来ましたよ!とうとう日本での発売に向けて動いてくれています。これ、本当に欲しかったんですよね!これさえあればデジタルカメラからいちいちSDカードをとり出さなくても無線LANでSDカード内の写真をパソコンに転送できるわけです。そういう使い方、スマートで好きです。ただ、確か専用アプリが要ったような?それだけがちょっとスマートじゃない。Mac相手ならボンジュールでさっくりマウントしてあわよくばiPhoto起動して写真取り込み〜ってとこまで行きたい!それが出来てこそパソコンはデジタルバブになれるわけですよー。
[PR]
by tacca884 | 2008-09-24 22:57 | ネタ

[CD] Ben Folds:Way to Normal

Way to Normal/Ben Folds

Ben Foldsのニューアルバム「Way to Normal」を買いました! 今回のニューアルバムは最高にいいです!ポップさ全開です!これこそ僕の好きなBen Folds。学生時代に心躍らせたBen Folds FiveのBen Foldsですよ!

いやー、久々に好きな感じです。僕はピアノ好きなんだけど、どっちかっていうと激しかったり、ポップなピアノが好きなので。僕の印象では最近のBen Foldsってきれい目でおとなしい感じの楽曲が多くて、なんかアルバムまで買う気がしなかった。フジロックも立って寝てしまったし(笑)。

「Bitch Went Nuts」のガンガンにピアノを叩く感じや、「Brainwascht」のようなポップさがたまりません。「Errant Dog」もBen Folds Fiveっぽいし。一番好きなのはミドルテンポでRegina Spektorと一緒にやってる「You Don't Know Me」 だったりする。そして、こうやって全体通して聴いていると「Kylie From Connecticut」のような静か目の曲も身にしみます。どういうタイプの曲でも、やっぱ僕は好きだったんだな、Ben Folds(笑)。

ウェイ・トゥ・ノーマル
Way to Normal
[PR]
by tacca884 | 2008-09-23 21:16 | 音楽

[DVD] 座禅エクスタシー

座禅エクスタシー/椎名林檎

2000年に福岡県にある嘉穂劇場にて行われた椎名林檎引きいるバンド、虐待グリコゲンによるたった一夜のライブです。その片鱗は「やつつけ仕事」のPVでも見られましたが、全貌を映像として出したのはこのDVDが初。

椎名林檎10周年の一つとしてお蔵出しという感じでしょうか。いやはや、若いですねー(今も十分若いが)林檎ちゃん。亀田さんのモヒカンもまぶしいです(笑)。

演奏された曲の中でシングルというと「歌舞伎町の女王」くらいで後はアルバムやシングルのカップリングという曲目。こういうところが若かりし頃の林檎ちゃんらしい(確か学舎エクスタシーもそんな感じだったような)。ともさかりえに提供した「少女ロボット」も歌ってますね。今ではあまりみることができない曲も多くなかなか見応えがありました。

「浴室」は最近だとアレンジ版の「la salle de bain」の方になるので、アルバム収録と同じバージョンをライブ版で聴けたのはかなり嬉しい。

今後もこういう蔵出し系が出まくってくるんでしょうか。僕も社会人10年目。林檎ちゃんとデビューは同じなんですよねー(笑)。今後も楽しみです(特に林檎博はね!)。

座禅エクスタシー
座禅エクスタシー
[PR]
by tacca884 | 2008-09-22 00:20 | 音楽
Apple 超コンパクト USB 電源アダプタ交換プログラム [from Apple]

あらら、交換プログラムですか。私も発売日に買っているからバッチリ対象者です。もう交換できるのかと思ってたらなんと10月10日からなんですね。このUSB電源アダプタってちっこくて可愛いし場所とらないし。アップルの電源ってでかいからコンセントの他の空きのところにかぶっちゃって使えなくてそこが不満だったから、このiPhoneの電源アダプタはかなり好感を持っていたのに、交換ですか(駄洒落です。失礼・・・)

ウワサのアップル「Brick」はミニのデザイン変更か [from maclalala2]

「Brick」という製品コード名で新しいMac Miniの噂が出ています。Mac Mini Proという感じになるかもという話も?今のMac ProをMiniにデザインし直すなんて想像がつきません。個人的に思うのは仮に新しいMac Miniが出たとしても、横置き基本系のあのサイズなんじゃないかなと。友達の家でMac Miniを使っているのを見た事があったけど、液晶ディスプレイの下に潜り込むようにチョコンといるのがなんか似合う感じ。あれが立て置きとかだとなんか違うような思う。むしろありそうな線として思うのは、サイズ(縦の厚さ)がApple TVくらいにならないかなーと。まあ、出ても僕は買わないでしょうけど・・・。あー、早くiMacの刷新がされないかなあ。デザイン変更無しでもいいからスペックだけ変更でも。
[PR]
by tacca884 | 2008-09-21 22:35 | ネタ
iPhone不振は「想定内」とKDDI小野寺社長 「スマートフォンよりケータイの方が使いやすい」 [from IT Media]

[WSJ] AppleのiPhone 3G、日本での売れ行きは低調 [from IT Media]

本当にそろそろどうにかしてほしくなってきた、日本の携帯電話事情。iPhoneの位置づけやあり方というものを理解せず、自分たちの都合の良い視野のみで言及している。まあ、こういう強気の発言は会社のトップとしてはどういう理由を付けてでもやらないといけないのは仕方がないことではあるが。auはようやくスマートフォンに参入のようですがあまり積極さを感じられないですね。

日本では絵文字やワンセグが必要だとか、日本向けにローカライズされていないのが売れない理由だとか、言えば言うだけ日本の多くの人は日本という国の中で楽しくランランとしていたいんだなと思ってしまう。あらゆる状況を見ると日本だけで物事を考えることはかなり危なく感じることが多くなった。国債つまり日本の借金は平成19年度で約550兆円。中国をはじめとするアジア圏の成長により他国から日本抜きで話をされてしまいがちな昨今、より引きこもりを目指そうとするのか?(そういや以前読んだな、引きこもり国家・日本
今あるガラパゴスな状況を危うく感じなければいけないのではと思う。その象徴が携帯電話業界であったりする。各個人が世界に繋がることが出来る時代。その中でも手軽に持って身の回りに常にある携帯電話は、グローバルに生きる上での格好のツールであるにも関わらず。

世界の大半のユーザがiPhoneを使いこなせているのに日本だけそれを上手く示せていないというのはどういうことだろうか?確かにその魅力の紹介が積極的にメディアでされているかというと、騒ぎだけ大きくてその辺の本質は少ない感じだ。日本人はなんかテクノロジーとか、先端製品というものにアレルギーがあるように思える。食わず嫌いというか、もう最初からシャットアウト。

みんなが日本のガラパゴスな携帯電話を持って引きこもっている。みんな携帯電話で世界に繋がっているようで、全く世界には飛び出してはいないんだなあ。
[PR]
by tacca884 | 2008-09-17 23:58 | 日々
Uphill City/i am robot and proud

i am robot and proudのMySpaceはこちら。ショウハン・リームによる一人ユニット。

レイハラカミと並ぶ美しく心が安らぐ電子音楽。
なんというか、聴いていて優しい気持ちになれるんですよね。人工的な音なのに柔らかいんですよ。

こういう優しい音楽はこれからの秋の季節にはピッタリです。個人的には電子音でもこのi am robot and proudは月夜にお月見しながら聴くのも合っているなあって。

そんな感じに思える、僕の身体に妙に馴染む音楽でした。

アップヒル・シティ
Uphill City
[PR]
by tacca884 | 2008-09-15 23:21 | 音楽