「ウェブ進化論」の「玉石混淆(ぎょくせきこんこう:Wheat and Chaff)」的に、"石"とするか"玉"とするかはアナタ次第です。Appleネタと本で生きてます(笑)。雑記は別ブログあり。


by tacca884
カレンダー

<   2008年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Big Canvas Inc.

僕がiPhoneのアプリの中で最も使用頻度が高いのはBig Canvasの提供するアプリだろう。Big Canvasは元・マイクロソフトの中島さん(ブログ「Life is beautiful」)の会社。元・マイクロソフトの人が、アップルに魅せられてiPhoneのアプリを作っているところが面白い。まあ、「永遠のパソコン少年」な中島さんだから、良いものは良い!としているんだろうなと。

Big Canvas PhotoShare

Big CanvasのはじめてのiPhoneアプリ、PhotoShare(以下、PS)。正直、iPhoneユーザは必須なアプリです。iPhoneの中にある写真を簡単にインターネットの世界にアップできるもの。また、同じようにPSのユーザはその写真を共有し閲覧できる。それは全体公開も出来るし、友人や家族だけという閲覧権限も容易につけられる。

本当にこのアプリは毎日のようにチェックしてしまう。楽しい写真がいつもアップされているし、自分の写真もアップしたくなる。自分のライフログになっている。写真にコメントも付けられるので、誰かの写真にコメント付けたり、自分の写真に付けてもらったり。SNSやブログとはまた違ったコミュニケーションが出来て面白くて仕方が無い。iPhoneが手元から離せなくなります。同じようなことはiPhoneじゃない携帯電話でも出来そうだが、iPhoneのインターフェースとこのPSの使用の簡単さが他の同じような機能とは格別なところなのだ。多分、PSが今の携帯電話で出ていてもヒットはしなかっただろう。

iPhoneの持つインターフェース、カメラ機能を存分に使った良いアプリです。これが無料というのがまた凄い!しかし、このアプリが無料であることは実は後のアプリに効いてくるところなんです。


Small Canvas

Big Canvasの第二弾アプリ、Small Canvas(以下、SC)。いわゆるお絵描きソフト。iPhoneを傾ける事によって、色や線の太さの変更、写真を取り込むメニューを出したり、傾ける方向でアンドゥが出来たりする。

正直、これの操作は個人的にはあまり好きではない。メニューを出すのだけでかなり苦労した。しかもなかなかiPhoneのセンサーが感度が良いのか、知らない間にアンドゥされてしまっていたりする。なので、正直SCはあまり使ってない。ちょっとムリにiPhoneらしさを出しているような気もする。普通にメニュー出しやアンドゥが出来ればそれなりに使いそう。ここが変わるかどうか、わからないけど。


PhotoArtist

第三弾アプリ、PhotoArtist(以下、PA)。写真を絵画・イラストのような画像に変換できるアプリ。アルファブレンド社との協同開発となる。イラスト、漫画調、水彩画など様々なタイプに変換できる。

このアプリはPSの次によく使っている。とにかく絵っぽく変換された写真が今までそういうアプリを使った事がないせいか、自分の中では斬新な画像となる。かなりアーティスティックでいろいろ流用できそう。あとはPSに写真をアップするにも、あまりハッキリ見えすぎてしまうと都合の悪いときなどにはこのPAを使って画像処理をしてからアップする。そういう意味だとPSあってのPAであり、PAがあるからこそPSをさらに楽しめる。


OilCanvas

第四弾アプリ、OilCanvas(以下、OC)。取り込んだ写真を指でなぞる事によって、まるで油絵を書いているような感覚で写真を油絵調に出来る革新的なアプリ!これは実際触ってやってもらうとその感覚に驚く事間違い無し。このブログを書いているときには期間限定で無料提供中です。

まあ、どうこう語るより、中島さんがアップした動画を観れば一発でその使用感はわかります。なので、下に貼付けておきます。


SC、PA、OCの素敵なところとしては、それらのアプリから直接PSにアップできるところ。いちいち保存してPSを起動して取り込んで・・・という作業をしなくてもよい。

Big Canvasのアプリが魅力的なのは、PSと連携、アプリの機能が写真・画像という点にフォーカスをして、ぶれない方向性を持っているわかりやすさだと思う。また、ビジネスの面だとPSのエコノミーを作り上げたことが大きい。今はまだOCは期間限定で無料だが、SC、PAは少しのお金を払う必要がある。無料で提供されるPSはそれ単体でも十分楽しめるのだが、もっとPSを楽しもう!と思うとどうしても欲しくなってしまうのだ。なぜならPSにPA、SC、OCを楽しく使った写真が続々とアップされるので、見ている方が欲しくなる。ある意味PA、SC、OCの宣伝をPSに写真をアップするユーザがそれを無意識のうちに行ってしまっている。

Big Canvasは、持っている方向性やビジネスモデルがアップルの考え方に沿っているように感じる。同じような空気感、熱というものを持っているからこそiPhoneを魅力的にし、逆にiPhoneだからこそBig Canvasのアプリは魅力的になる。とても正常で強力な関係であり、だからこそお互いを良くしていくものになっているんだと思う。
[PR]
by tacca884 | 2008-11-28 00:16 | ガジェット

[ガジェット] Polaroid PoGo

買っちゃいましたよー。11月20日にようやく日本で発売です。海外赴任の人が向こうで買って見せてもらった時に欲しくてたまらなかったもの・・・それはポラロイド社のモバイルプリンター、PoGoです。

このPoGoの凄いところは本体にはトナーのような印刷の染料が無い。その代わり、ZINKというフルカラーの感熱紙を使って印刷する。ZINKとは染料の結晶を層にしてペーパーに塗り付け、それを熱で着色する技術。だから本体をコンパクトにできる。

先ずはお決まりの開封式(笑)。 中身は本体と ACアダプター、電池という構成。
d0100791_15185448.jpg

d0100791_15193522.jpg

本体はこんな感じ。黒の他にシルバーもあるけど、やはり黒がなんか良い。手のひらサイズでコンパクト。
d0100791_1520921.jpg

d0100791_1520236.jpg

そしてこれが専用の印画紙。50枚でビックカメラだと1680円。一枚30円強。コストはちょっと高い。
d0100791_15205964.jpg

それを10枚ごとに本体に入れます。
d0100791_15213127.jpg

d0100791_1521479.jpg

PoGoに写真のデータを送り込む方法としては、USBを使ったPict Bridgeか、BluetoothのOPPプロファイル。携帯電話がBluetooth対応ならそれのほうがやりやすかったけど手持ちのINFOBAR2が対応してないので、MacBookAirから印刷する。

PoGoの電源を入れて、Bluetoothでブラウズして見つける。そしてお互いを認識させるためにパスコードを入力。これで準備オッケー。
d0100791_1522288.jpg

d0100791_15224135.jpg

Bluetoothのメニューからファイル送信を選んで、印刷したい写真のファイルを選択する。そして画像データをPoGoに送信。
d0100791_1524153.jpg

送信が終わると印刷を開始。約一分くらいで印刷できる。
d0100791_15243438.jpg

d0100791_15244479.jpg

d0100791_1525021.jpg


PCでのBluetoothの他に、手持ちのGR DIGITALからPictBridgeもやってみた。・・・しかし通信エラー。うーん、何でだ?説明書も手元になったので悩んだあげくわかったのは、GR DIGITALの「セットアップ」にある「USB接続」が"オリジナル"になっていた。これを"マスストレージ"にすることで接続は成功!印刷出来るようになった。ただ、まだ不穏な動きをするところはあり、GR付属のUSBケーブルなら出来るが、他から持ってきたやつだと出来ない・・・。そんな違いとかあるんだっけ?USBケーブルって?まあ、でも携帯電話がBluetooth未対応でもこれで外でも印刷できそうです。(ちなみに何人かの友達からBluetooth経由でやってもらおうとしたが成功しなかった・・・うーん、OPPがなかったり、あっても画像送信できなかったりするらしいし)


画質はそこそこという感じで大きな期待はしないほうが良い。でもこれがBluetooth対応の携帯電話だと、このPoGoと持ち歩けば、その場で印刷できるので話の種にはなるんじゃないかと。

しかもこのZINKの印画紙は裏がシールになっているのも面白い。いろいろ資料をまとめるのに貼ったりできる。カフェとかなら日替わりメニューをこれで印刷して、お客さんの見るメニューに貼れば楽しいかもしれない。

ポラロイド社は、インスタントフィルムの生産を終了したが、デジタルカメラや携帯電話のカメラが主流になる世の中で生き残るためにこのような商品を用意してきた。まあ、ポラロイド社は日本ではあまり知られていないが、他にもテレビとかデジタル製品は扱ってはいるんだけど、どうしてもインスタントフィルムの会社と思ってしまう。

そのインスタントフィルムで一代を築いた会社が、自分の伝統の領域でどう生き残るかを考え抜いて出した答えがこのPoGoであるわけだ。これは今後もっと画質を上げたり、印刷速度、コストをどんどん改善していくわけだし、きっと彼らの大きな事業の柱になるだろう。インスタントフィルムの終了は悲しいが、採算の取れないところを止めて、新しい領域を受け入れて商売していくというのもチャレンジングで面白いのではないかと思う。

Polaroid インスタントモバイルプリンター PoGo ブラック CZJ-10011BB
Polaroid インスタントモバイルプリンター PoGo ブラック CZJ-10011BB

Polaroid インスタントモバイルプリンター PoGo用 ZINKフォトペーパー 5P  裏面シール&対防水性表面AZJ-05011BE
Polaroid インスタントモバイルプリンター PoGo用 ZINKフォトペーパー 5P 裏面シール&対防水性表面AZJ-05011BE
[PR]
by tacca884 | 2008-11-24 15:52 | ガジェット
今日は電気グルーヴのライブを観に行きました。開場時間までは一緒にいった友達とパブでギネスとフィッシュ&チップでウダウダと昼間から飲む。その勢いのまま電気グルーヴへ。

いやぁ、本当最高でした!!今年のフジロックのオールナイトフジで観た電気グルーヴは盛り上がりに欠け最低でしたが、今日の渋谷AXのライブはヤバすぎました!もう勢いが違います。バカボンのパパと同い年の41歳のパワーを感じました(笑)。

最新の「YELLOW」から初期の「フラッシュパパ」の曲まで色々やってくれた三時間!!本人たちの勢いが違いましたね。完全に酔っぱらい状態の卓球に、突っ込み入れまくりの妙に冷静かつキレの良いピエール瀧。曲ももちろん最高なんですが、トークが面白すぎた!!もうね、ここに書けないくらい下品(笑)。中学生かよ!という内容でした。僕はヒーヒー笑ってましたが(笑)。

石野卓球とピエール瀧って16歳の頃から一緒にやってる長い付き合い。なんか二人の間の空気感ってその当時のままというか、真面目にバカやってますという感じが本当に面白い。それが41歳になっても変わらず、そして面白く格好の良い音を出し続けているところが凄いと思う。

今日、彼らの中年の熟成を魅せられた感じで本当満足なライブでした。今回のツアーなんて8年ぶりだそうなんで、今度音楽フェス以外で単独で観られることってあまりないだけに、今日じっくり楽しめて幸せです。


そして来週は椎名林檎10周年の林檎博開催!久々のライブ続きな感じで楽しいです。
[PR]
by tacca884 | 2008-11-23 00:17 | 音楽
iPhone 2.2 ソフトウェア 提供開始、ストリートビュー・絵文字サポート [from Engadget Japanese]

金曜日、噂通りにiPhoneがアップデートされました!!

先ずは絵文字対応。日本語キーボードで絵文字をオンにすることで、絵文字が使えるようになります。まあ、日本だけの仕様ですから日本語に機能がついているわけですな。
d0100791_03351.jpg

携帯電話ではおなじみの顔マークもあり、その他携帯電話に対応した絵文字がズラズラと。しかしauの携帯電話に送ったら文字化けしました・・・iPhone同士はオッケー。
d0100791_0331736.jpg

d0100791_0333098.jpg

そしてグーグルマップにはストリートビューもつきました。これがまた直感的で素晴らしい!!見てて触って気持ちがよい。多分あまり使わない機能かもしれないけど、これがiPhoneとグーグルの凄さを感じられるところ。グーグルも手を抜かないですね。Androidでライバルになるはずなのに。
d0100791_0334444.jpg

d0100791_033565.jpg


【動画】



そして今まではPCのiTunesにてダウンロードしていたポッドキャストがiPhone単体でダウンロードできるようになりました。これでラジオ感覚で外にいてもCNNの英語ニュースもダウンロードできる。しかし相変わらず音楽データは3G回線ではダメで、無線LANでしかダウンロードできませんでした。
d0100791_034716.jpg

他、いろいろ変わっているし、バグも減らしているとは思うので、使いやすくはなってきてますね。携帯電話でこうやってどんどん育っていくというのは持っててワクワクします。

絵文字も対応したし、12月には無線でできるワンセグオプションも発売されるからiPhoneは売れるんじゃないでしょうか。ソフトバンクは本気でしょうし。
[PR]
by tacca884 | 2008-11-22 00:48 | ガジェット
Apple to Introduce an iPod Stick? [from Mac Rumors]

かなーり、怪しい情報ですが、アップルはiPod stickなるものを開発しているとかなんとか。WiFiでマルチタッチ、7メガピクセルカメラとだけ情報がありますが・・・。これ以上iPodファミリーを増やすのでしょうか?今のラインナップで十分ケアできているようにも思えますが。まあ、あまり期待せずに待ちますか・・・。


Apple to intro quad-core iMacs in January? [from electronista]

おお!こ、これは本当なら嬉しい!iMacの更新が来年1月にあるかもしれないとのこと。これはMacworld 2009で発表するのかな?Core 2 QuadのCPUで低電力。環境にも優しげな感じです。僕は新しいiMacが欲しいので嬉しい情報です。iPodやMacBookの更新が最近あって、次はiMacというのは自然な流れ。Mac Proも更新されるかもね。インテルからCore i7も出た事だし。


Mac OS X Snow Leopard (10.6) Due in 1st Quarter of 2009?[from Mac Rumors]
ハードウェアだけではなく、来年はMac OSの更新もあります。噂では1QでSnow Leopard(Mac OS 10.6)を出してくるのでは?とのこと。前々から言われているのはLeopardの発展形であり大きな機能追加はあまりないとのことだし、改善が主なところかも。まあ、LeopardもかなりMac OSの中では成熟している方だし、急いで大きな変化をする必要はないのは賢明だと思う。MicrosoftはもはやVistaはスルーでWindows7に力を入れているという状態。そのWindows7でようやくLeopardレベルになるんじゃないかなと。そこを少しでも差を広げておきたいというところでSnow Leopardなのでしょう。きっと裏ではMac OS 10.7に向けて動いてるはずだし。
[PR]
by tacca884 | 2008-11-20 01:06 | ネタ
3分以内に話はまとめなさい ポケット版―できる人と思われるために/高井伸夫

五年くらい前にヒットした本のポケット版が出たので買って読んでみました。いや、この書かれている事は今になって良くわかります。五年前の若造な私では実際の仕事の中でこの重要性はわからなかっただろう。

なんせこの忙しい世の中、会議会議で自分より一階層上の人を捕まえて相談するのも難しい。ましてや二階層、三階層上となるとかなり前から調整しないと話することも出来ない。席に居ても忙しそうなら話にくい。そう思う人も多いだろう。(まあ気にせずガンガン行く人もいるだろうけど)その時に、ある大事な決定をしてもらうのに三分でも時間をもらって承認してもらえればこれは凄いことである。長々と会議や打ち合わせをやって結局決まらない事も多い。話し方一つで長い会議をやらなくても良くなるのだ。時間当たりのコストの高い人を長い時間拘束するのは会社にも良くないし、そういう人はもっとやるべき事がある。いかに濃縮された話を出来るかが勝負どころなのである。

ダラダラと話すのは核心をつかない不要な前座の部分を頭から話しているからである。決定権のある人は結論とそれを導き出した核の理由さえわかれば良い。そこで疑問があれば質疑応答となるわけだ。

ただ、短く話す事をこの本は推奨しているわけではない。その話す中でどういう工夫をすれば聞き手が聞きやすく、気持ちよく聞いてくれるかの手法も紹介している。気持ちよく聞いてもらえれば話はスムーズに行く。つまり結果的に話す時間は短くなるのだ。

会話の中では全てが自分の思うがままに行くはずは無い。そのときにいかに柔軟に対処できるかは大事なところだ。話す文章を丸暗記するのではなく、頭の中で映像化しておく。そうすればその映像を元に臨機応変に話をする事が出来る。これは柔軟性だけではなく、話にストーリー性や臨場感ももたらすだろう。その場その場で出てくる言葉は作り物ではなくなるから、聞く側もどんどん聞きたくなるだろう。

話を聞く側はネガティブで何も生まない話はしたくない。都合の悪い事や報告したくない事象であっても、建設的で前向きな話をすること。常に生産的な話をしよう。その姿勢が相手に伝われば、その時よりも悪くなる事はないだろう。

会話はキャッチボールであるから、お互いに感情が通じ合う状態(ラポール)を作り上げることが大事。かといってキャッチボールは長くやっていると疲れてしまう。軽く汗を流すくらいで終わってニコニコと最後に握手するのが一番関係としてうまく行く。

私は、三分以内の話で相手を納得させて相手も自分もハッピーになるためにどう話を組み立てるかは、とてもエキサイティングなスポーツのようなものだと思う。話の組み立てを考えるのは戦略だし、実践でどう結果が出るかはその戦略を元に臨機応変に対応することで変わってくる。話をする事を楽しまないと、その話を聞く側にもスムーズに入っていかないだろう。

3分以内に話はまとめなさい ポケット版―できる人と思われるために
3分以内に話はまとめなさい ポケット版―できる人と思われるために

【More:本文記載のためのメモ】
[PR]
by tacca884 | 2008-11-19 00:45 |
YouTubeを1280×720のHDで鑑賞するキーワード「&fmt=22」 [from 教えて君]

コレ凄い!かなりビビりますよ、その画質に。ちょっとPCのパワーは必要そうですが、奇麗です!これならもうテレビなんて買わなくてもいいや(といいつつテレビそのもの大きいディスプレイでは見たいが)。

一例
普通
http://jp.youtube.com/watch?v=zlfKdbWwruY

HD
http://jp.youtube.com/watch?v=zlfKdbWwruY&fmt=22

HDの方は凄すぎます。テレビ画面に入っているテロップの文字が読める。YouTubeに上げてあるものって非可逆圧縮でブロックノイズが載って読めたもんじゃない。

いやはや、YouTubeの恐ろしさを感じましたよ。本当どうなっていくんでしょう?ネットの世界って。


サニー・エリクサン Vaio α A800i テレビ携帯 [from Engadget Japanese]

うははは!これはうけた!ここまでやるともう逆に欲しいです。もう詰め込むだけ詰め込みましたね、ソニーネタ。VAIOって書いてあるわ、デジ一眼のαは書いてあるわ。おまけにスライドを開いても出てくるのはQWERTYキーボードではなく、普通の携帯電話の4x3のキー。しかもワイドなタッチパネル・・・かと思いきやタッチパネルじゃないし。ある意味アッパレですよ、これは。

でも、こうやって真似してもらえるってことはまだまだブランドステータスはあるってことですよ、ソニーさん。
[PR]
by tacca884 | 2008-11-18 02:07 | ネタ
記憶喪失学/菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール

音楽続きで。菊地成孔といえば僕の中ではDATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN。それではじめて知ったけど、ここ最近は色々活躍されてます。まあD.C.P.R.G.を聞いたきっかけってのはROVOとかのような長いインストの曲をテクニカルにゴリゴリにやりきる人達が自分の嗜好に合っていた頃。実はROVOは好きなままだったけど、D.C.P.R.G.からは少しづつ離れてしまった。いや、嫌いになったというわけじゃなく。逆に好きなんだけど、何となくある時期の自分には合わなかった。

その傾向は最近までそうで、昔に聞いていた渋谷系やエレクトロニカ、聞きやすくって安心して聞けるものが多かった。でも、今回この菊地成孔のこのアルバムをタワーレコードで試聴したときにはやられました。ああ、やっぱり菊地成孔って凄いやって。

それでこのアルバム「記憶喪失学」ですが、もう浸れます。音に。ジャズって正直よくわかってない。世の中にはジャズが好きで語らせたら何時間でも話せる人はザラにいるんであまり中途半端に評論はしない。ただ、感情的に、気分的に、自分の中で盛り上がってくるものを感じます。まあ、一聴してスタンダードで伝統的なジャズではなく、コンテンポラリー。でも僕はそういうジャズが好きです。

特に好きなのは二曲目の「メウ・アミーゴ・トム・ジョビン」。二分半もない曲なのですが軽快でドラマチック。アコーディオンとサックスとピアノのハーモニーがいつまでも聞きたくさせる。なのに短い曲なんだよなー。六曲目の「バイレ・エクゾシズモ」も良い。繰り返され迫り来る低めの音にどんどん引き込まれていきます。九曲目「大天使のように」は13分弱あるストーリー性のある曲。サックスがめちゃめちゃ格好良い。

本当、これらを聞くとジャズって一体どういうものなんだろうって思う。定義が無い。それって本当に自由に音楽を楽しんでいるようで、僕は惹かれるなあ。

一気に取り戻した感じ。菊地成孔の音楽を。これからちょっと聞き戻してみようと思ってます。というか、知らない間にD.C.P.R.G.って終了していたんですね・・・。

記憶喪失学
記憶喪失学
[PR]
by tacca884 | 2008-11-18 01:15 | 音楽

[音楽] スピッツ:若葉

若葉/スピッツ

スピッツの新しいシングル曲。特段にスピッツがもの凄く大好きという人ではないんですが、学生時代から聞いているのもあり、一応新曲は聞いてしまう。

しかし、本当に変わらない。いつまで経ってもあの頃の彼ら。あの頃の草野マサムネ。ずっとこのまま歳を感じさせず、さわやかな歌声を届けてくれるでしょう。

今回の「若葉」という言葉のチョイスも、もうスピッツ!THE スピッツ!な言葉だなと。この辺のいくつになっても心のどこかに閉まってある人間の"青臭さ"というのを感じさせてくれるんだよなあ。曲の感じは緩やかで、若葉の柔らかさを音と声と言葉で表してくれている。草野マサムネの声こそ、若葉を揺らす夏のそよ風のよう。というか、もう秋も過ぎて冬なのに、この時期にこういう曲を出すのも彼ららしい。

さて、カップリングの「まもるさん」。こういうタイトルを付けるのもスピッツ。曲はアップテンポでロックな感じ。僕は若葉よりもこっちが好きだな。なんか昔のアルバム「Crispy!」とかに入ってても違和感が無い。というか、「Crispy!」って15年も前のアルバムなんだけどね、それ。それくらい変わらないんだよね。

この間書評を書いた齋藤孝さんの「人間関係力」のヒッチコックの言葉を思い出した。「スタイルを変えてゆく必要があるとは私は思わない」。どうしても人間は新しい事をしないといけない、新境地を開拓しないといけないという気になってしまう。必ずしもそれが成功の道ではなく、自分の中にある「スタイル」というものを確立して信じてやっていくことがいつまでも認められていくものもある。

きっとスピッツのメンバも同じことを思っているんじゃないかなと思う。

若葉
若葉
[PR]
by tacca884 | 2008-11-16 21:10 | 音楽
iPhone 2.2 Firmware 10 Days Away?[from Apple Rumors]

おお!来ましたね。噂が。内容は以下。

SafariのタイトルバーにあるGoogleサーチバーの変更
自動修正機能のOFF/ON(これ嬉しい。正直うざかった)
461種類の日本の絵文字
新しい言語サポート
Line-in オーディオ
GoogleストリートビューとGoogleトランジット(ルート検索、乗り換え検索)
App Storeのカテゴリーがリストではなくアイコンに
App Storeの各アプリページごとに「友達に知らせる」と「問題を報告する」のボタンを追加
iPhoneからアプリを削除するときにレート入力を要求
iTunes WiFi Music Storeから直接Podcastがダウンロード

他のサイトの噂を見れば、PodcastダウンロードはWiFiでなくても3Gの回線でも出来るらしい。サイズは制限されるらしいですが。

次バージョンのiPhone OS 2.2で、iTunesからポッドキャストのダウンロードが可能に? [from Gizmodo Japan]

でも、この記事のiTunes WiFi Music Storeの下部にPodcastが追加されているだけなので、後のページは今のまま。基本WiFiでないと繋がらない(表示されなお)のだが、3GのときにはPodcastだけ見せるのかなあ?というかもはやPodcastをダウンロード可能にするなら、音楽もWiFiにこだわらなくてもいい気はするが。やはり帯域占有とか料金プラン(日本はパケットし放題だが海外だと1GBまでとかある)もあるからかな。

絵文字はどうなるかなあ。他の携帯電話とちゃんと互換がとれればいいけど。それとこれ、多分日本語をONにしないと出ないんだろうなあ。海外の人とか使ってほしいなあ(他と互換がないが)。

結局、コピー&ペーストやBluetoothの新しいプロファイルのサポートは出てないですねえ。以前書いたエントリにもあるように、ポラロイド社がPoGoを日本で出すので、iPhoneからZINKで印刷したいなあ。もちろん、A2DPでワイアレスで音楽が聞ければ最高だが。

ということで、あと10日、待ってみます。噂が本当なら・・・。
[PR]
by tacca884 | 2008-11-13 00:16 | ネタ