「ウェブ進化論」の「玉石混淆(ぎょくせきこんこう:Wheat and Chaff)」的に、"石"とするか"玉"とするかはアナタ次第です。Appleネタと本で生きてます(笑)。雑記は別ブログあり。


by tacca884
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

iPod nano 5G, Next-Gen iPhone Design Changes Revealed? from iLounge

この噂はウソであってほしいなあ。iPhoneならわかるんだけど、iPod nanoにカメラは不要かと思うんですよね。滑らかなボディにいきなりカメラモジュールがあるのはなんか美しくない(かといってiPhoneを否定しているわけではない。あれもうまく隠せないかなあ・・・アップルマークの裏側とか・笑)

・・・あれ?も、もしかして案外これってiPhone nanoだったりして!なんてね。

待望のXP搭載「VAIO type P」を徹底検証する from ITMedia

おお。出ましたね、VAIO type pのWindows XPモデルが。Vista搭載版でもXPを入れるハックなどが公開されていましたが、正規版として出してきました。ネットブックのようなスペックが低めのパソコンにはまだXPは対応してくれているので、軽く使いたい人にはいい感じですね。なんかVAIOにある余計なアプリケーションも無いようだし。正直VAIOは好きじゃないけど、どうしてもtype pは気になるんだよね。もし、アップルからネットブックが出ないならHP Mini 1000 Vivienne Tam Editionを買おうか、type pにしようか迷ってます。というか、ネットブック自体が居るのか?って言われると・・・僕、困ってしまいます(笑)。
[PR]
by tacca884 | 2009-05-27 02:13 | ガジェット
New iPhone specs leaked? from 9to5Mac

おお!来ましたね。新しいiPhoneのスペックが。32GBいいねー。ビデオ録画、デザイン変更、アップルロゴが光る??MacBookみたいに?うおー、ますます携帯電話というよりコンピュータという感じ。バッテリーライフも伸びるようだし、RAMや処理能力も倍増。FMトランスミッタが内蔵ですか!電子コンパスもあるということは、方向を認識することができるわけで、Google Mapのナビゲーションでも活躍しそう。
あくまでも噂ですが、結構ワクワクしてます。一年だけど罰金払って買い替えたいなあ(笑)。


Differentiation of Future iPhone Models to be Driven by Software? from MacRumors

こちらはハードスペックではなくソフトウェアでモデル差異を設けるのではないか、という噂。そういう価格差の出し方もありかな。ハードウェアを変えないことで型とか生産の在庫という面で有利になるし、廉価版に追加金でグレードアップさせるなんてのも考えられる。こういう差のつけ方は有りだし、アップルっぽいなと。まあ、僕が買うなら最上位モデルでしょうけど(笑)。


More of Apple's Snow Leopard caught on camera from Apple Insider

SnowLeopardの情報も多くなってきましたね。いよいよという感じでしょうか?Windows7よりも早く公開し、発売されて欲しいところ。まあ、大きくLeopardとは変わらないでしょうけど、どれくらい改善されているのか興味があるところ。Leopardがよく出来ているので、そこからどういうのびしろがあったのかというアップルの力を知りたいところです。

まあ、全ては6月のWWDCで明確になるでしょう。今からワクワクしますねー。
[PR]
by tacca884 | 2009-05-20 23:54 | IT
What do we have here? from 9to5Mac

真偽は微妙なところですが、iPhoneで撮影されたものらしいです。iPodやiPhoneな感じもしないので、もしかすると新コンピュータ?iPhone FANさんでも紹介されていてネットブックかも?と。
どういう部位なのかもよくわかりませんが、想像は膨らみます。6月にわかるのか?それとも肩すかしなのか?なんか「?」ばっかりですね(笑)。

More Rumors of Limited Third-Party Background Apps Coming to the iPhone? from MacRumors

こちらはiPhoneでバックグラウンドでサードパーティのアプリを動かすことができるようアップルが進めているという噂の記事。バッテリーライフの問題はありますが、1つか2つのアプリを登録して動かせるようです。これがiPhone 3.0に含まれるかはまだよくわからない状況ですね。Push Notificationも数ヶ月で実装とアナウンスされたけど結局iPhone 3.0が出るまで延びてしまったし。バッテリーライフに関わるようなところはどうやらアップルはリリースには慎重のようにみえるので、ユーザに満足してもらえるレベルにならないと出てこないかもしれません。でも、それをやろうとしているのは嬉しいことです。(確かに一回に一つのアプリしか起動できないのは使いにくいときもあった・・・)
[PR]
by tacca884 | 2009-05-19 06:59 | IT
うわさ:新 iPhoneはクロック1.5倍でメモリ2倍、320万画素AFカメラ搭載? from Engadget Japanese

アップル、iPhoneネタです。出所が出所なのでどこまで信用できるか?ですが、なかなか楽しみなところです。本体のメモリやCPU、ストレージのアップはもちろん、カメラにオートフォーカス、電子コンパスが新しいところ。デザインは変わらない?というのがちょっと微妙。もう第二世代のiPhoneが洗練され過ぎたデザインとなったのでしょうか?まあ、確かにiPodほどiMacやMac miniは変わってませんが、iPhoneはiPod側にあって、毎年斬新なデザインやカラーのセレクションで楽しませてほしい。携帯電話で同じデザインでもう一度出る、ってパート2とかはあるけど、あまりないし。


・・・で、アップルネタに続けて、マイクロソフトネタ。

マイクロソフト:Windows 7は約3か月でRTM、年内発売 from Engadget Japanese

おお、ホリデーシーズンに間に合わせるんですね。やるじゃん、マイクロソフト(笑)。その前にアップルからSnow Leopardが出てしまいそうですが。かなり評判の良いWindows7なので、どこまで肉薄するか、もしくは雪豹超えをするか?楽しみですね。万が一、アップルからネットブックが出なくて、Windowsの載るネットブックを買わざるを得ない場合には、Vistaじゃなく7で行きたいですねー。

マイクロソフト「iPodを使い切るには3万ドル、Zuneなら15ドル」 from Engadget Japanese

こっちはせっかくのWIndows7の評価に冷や水な、なんかよくわからない主張。まあ、定額取り放題は良いにしても、ちょっと公平ではない比べ方ですね。案の定、炎上してるようです。いい大人が競合をいかにして負けさせようと四苦八苦して会議している姿が目に見えます。まあ、それが企業ってもんですけどね。
[PR]
by tacca884 | 2009-05-13 02:33 | ガジェット
ピーターの法則/ローレンス・J・ピーター

なかなか面白い本だった。階層社会においての昇進はいずれ無能のレベルに達する。そのため、会社や政治の世界である程度出世・成功した人はその後無能となり、無能ゆえにそのレベルからは上がることも、そして階層社会の仕組みとして下がることもできない状況にあるという話。

こういう話を色々当てはめてみると見事に納得と思えることが多い。管理職の人間が次々に同じレベルの階層で入れ替わって横滑りしていっているところなど、無能レベルになった人達が無能であることがばれないよう、対外的に誤摩化すために行っていることだったりとか。しかも階層社会の無能レベルの人間がそれに協同しているからたちが悪い。本当有能だって思える人、少ないし、そう思える人って出世しないんだよね。スーパー有能人間は階層社会を崩壊させるから、解雇されたり、無能集団による策略で失脚させられたりするようだ。無能は有能な人が出てきてほしくないわけであり、無能は無能を出世させて安心できる階層社会を作り上げる。

政治も会社も、上層のマネジメント層が何やっているかよくわからないところが多かったりする。下の人間や庶民からどうこう言っても、なんかこちらが不利になりそうなそれっぽい言葉や権限、その無能階層で繋がっているコネとかをうまく使って見事に却下されていくように感じる。

「万能会話・万能スピーチ」についても妙に納得。どこでも聴く「良さそうに聞こえる」言葉を偉い人達は持っているなあと。僕は逆に、話をする相手がこの手の言葉が好きだろうとわざとこれを使って、見事見破られて玉砕されたことはありますが(笑)。大半の人間には、ふーん勉強になるなあと納得させられてしまうことは多いです。特に無能同士は無意識に言ってたり、感動したりしてそうです。

なんかこの本、読んでいると皮肉混じりなことが多くて読み始めたときには嫌悪感を感じましたが、それはこの本がわざとそういうスタイルを取っているだけであり、書いてあることをちゃんと読めば40年も前の本なのに良く分析されているなと思うし、40年経っても変わらないんだなとも思った。人間や社会の根本を良く理解して書かれている本だけにここまで残って来れたようですね。

この本は皮肉めいたことをいってネガティブにさせようとしているわけではないです。本当に最後の方に出てくるのだけど、「生活の質の向上を通じて、無能に達することを防ぐ」というところがポイントであり、つまり会社の階層社会で出世を目指して体を壊してまで頑張るだけが人生ではなく、自分が社会的に、そして地球規模の考えて、自分が有能でいられるところで自分の生活を良くして、健康で楽しく人生を送ってくださいね、というところが本質。早くから、最近言われる「ワーク・ライフ・バランス」を唱えている本だなと感じました。

ピーターの法則
ピーターの法則

【More:メモ書き】
[PR]
by tacca884 | 2009-05-06 16:23 |