「ウェブ進化論」の「玉石混淆(ぎょくせきこんこう:Wheat and Chaff)」的に、"石"とするか"玉"とするかはアナタ次第です。Appleネタと本で生きてます(笑)。雑記は別ブログあり。


by tacca884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

スティーブ・ジョブズ 「超」仕事力/竹内一正

久々にスティーブ・ジョブズ本です。彼にまつわるエピソードは飽きるくらい本でも見ているので、その辺はお話のつなぎという感じで読んでいけば良い。もちろん、知らない人には彼の伝説的で大胆不敵な行動や言動には驚かされるだろう。

全体について感じられたのは、とにかくジョブズの一つのことに対する集中力やこだわりが凄いこと。妥協をしないモノづくりをしている。どうしても納期優先となると妥協の産物になりがちなのがアップルではない会社の製品ではあるが、アップル製品には妥協からの産物は無いように見えてしまう。とにかく自分が欲しいもの、アップルの社員が欲しいものを作り込む。それは、市場のお客様も欲しいものだと信じて疑わない。(でも、実際市お客様がどうであるとか調査を入れた上で、製品開発を行うことはあまり無いようだが)

実はそのこだわりというものは、ある意味目の前にある仕事に対して一生懸命自分が良くしてやろう、世界を変えてやろうという高いレベルで取り組んでいるから出てくるのであろう。ジョブズはアップルを追われ、ネクストやピクサーで仕事もしているが、そのときにも一切妥協は見せていない。自分は本来これをやるべきだとか、これは自分の仕事ではないとかいう観点はなく、目の前にある仕事を命がけでやる。この姿勢が通常あるような普通の製品ではない、一歩いや数歩以上も先を行ったものを生み出すことのできる秘訣なのだろう。

ある意味わがままにも見える行動、言動には彼なりの熱い思いがあり、それこそが妥協しない姿勢なのだろう。当然それに嫌気をさして去るものはいるが、それ以上に彼の魅力にとらわれてついてくるものもいる。怒りとケアを使い分け、ギークでハイクオリティな設計者やデザイナーを引っ張り上げ、早く、そして確実に魅力的な製品を作り続ける。能力のある人間を自分の手元に置けるというのもリーダーシップの一つであり、ジョブズはそのリーダーシップを存分に発揮出来ているのである。

仕事の仕方として面白いのが、まず真似をするということ。そしてその真似の中からオリジナルを加えて成長させていく。一見、オリジナリティ溢れるアップルの製品・サービスも実はそんなにオリジナリティ溢れているわけではない。日本の製品の真似をしているところも多い。しかしその真似を真似のままに見えないよううまくオリジナルのエッセンスを少し混じらせるだけで、あっという間に追い抜いてしまうことができる。そこのエッセンスの加え方のうまさがアップルであり、ジョブズなのである。ただの真似で終わらせない、妥協しない仕事の姿勢の一つである。

妥協をしない仕事の姿勢という意味だと、ジョブズが年俸を1ドルでCEOをしているところが象徴的だ。彼はお金儲けをアップルという会社でしたいわけではなく、宇宙に衝撃を与えるほどのものが作りたいだけ。お金が絡まないからこそ、妥協しない仕事ができる。彼の仕事に対する姿勢を語る上では、この話に尽きるのではないだろうか。

スティーブ・ジョブズ 「超」仕事力
スティーブ・ジョブズ 「超」仕事力

【More:メモ書き】
[PR]
by tacca884 | 2009-07-31 22:31 |
13歳からのシンプルな生き方哲学/船井幸雄

150ページにも満たないちょっと軽く読める本ではあり、気軽に読める漢字だが書かれている内容はとても深い。いろんなビジネス本で語られているようなことがさらりと書かれており、とてもわかりやすい。さすが13歳に読ませるための作りになってます。

カルマ、鏡の法則はちょっと気をつけないとなと。たまに僕自身人を批判したり悪口的なことをつい言ってしまうことがあって、そういうのはやっぱり返ってくるんだよね。日々、いい面悪い面を人から学ぼうっていう姿勢が大事なんだから、自分に対して嫌なことをしてくる人が居ても、それで自分が色々学ばせてもらっていると思えるくらいの広さが欲しいですね。

ギブアンドギブは、以前から実践していることの一つ。見返りを求めない本質の行動。仕事もそう。積極的に相手がハッピーになるように仕事をすればいずれ自分もハッピーになってくる。自分がハッピーになりたいなんて期待なんてせず、一心に相手を尊重する。これ、ある意味思いやりや配慮という言葉にも置き換えられるんだけど、これをちゃんとやっておくと本当仕事が素晴らしく早く確実に回る。思いやりを持って即時対応、後始末をしっかりすることが大事であることは本の中で語られている。

途中で宇宙的な話になってきてしまうんだけど(笑)、でも言っていることはとても合っている。巨大な流れからすれば全ては公平。地球、宇宙規模で考えればたいしたことがないことが大半である。自分が地球や宇宙のレベルで話が出来るように、自分のやるべきことや自分の活かせるところを見つけて行動していくだけである。

自分が本物になるには、本物と付き合うこと。本物とは、つきあうものを害さない、つきあうものをよくする、高品質で安全・安心できる、単純で万能、経済的であるもの。本物を見ること、そしてまねてみることで良い面を見つけて行き、本物に近づいて行く。そしていつかは自分が本物として他の人に見てもらえるようになるべきなのだ。

どんなことも、自分にとって必要だから起きる。これは勝間さんの「起きていることはすべて正しい」にも通じるところだ。これを知れれば人は前向きになれる。自分に起きることには無駄が無いと考えれば良い。直感の行動も実は正しかったりする。

などなど、どこかのビジネス本で聞いた内容がダイジェストという感じで載ってます。というか、自分が13歳でこの本を読んで感心したかというと多分してないだろうな(笑)。これって今のいい歳になって社会人になって改めて書かれている内容にジンとくるような感じです。どうしても日々自分を持って生きていたってどうしてもずれてくる軸というものがあって、それを補正する意味では簡単に読めていい本だと思う。間違っても何かのプレゼントで13歳に買って与えるものではないです。

そう思っている僕が今の13歳を知らなさすぎるのかな?もしそうなら、いま多く居る13歳より大きな大人たちは、この本に書かれていることの半分も多分出来てないって僕は思いますけどね。

あ、あと本の表紙が大好きな本秀康のカワイイイラストなので、かなり良しです。(笑)

13歳からのシンプルな生き方哲学
13歳からのシンプルな生き方哲学

【More:メモ書き】
[PR]
by tacca884 | 2009-07-15 00:56 |
アップル、9.7インチのタブレット型を10月に発売か!? from iPhone・iPod touch ラボ

何度か出ては消えてしている、Macのタブレット型の話が出て来てます。発表時期は10月ではないかという噂。ネットブックとは違うようです。確かに今やコモディティ化しそうなネットブック市場とはちょっと違うアプローチを見せたいなんてのはアップルがやりたいことでしょう。タブレット型PC自体があまり市場では売れている感じではない(少なくとも私はそう感じる)ので、もしかするとこのタブレット型Macが新しい市場を切り開くかもしれません。

まあ、ただ市場を開くだけではなく、開いた瞬間にトップレベルを目指すでしょう。他社が真似できない最高のユーザエクスペリエンスを見せてくれること、かなり期待してます。

ここからは妄想ですが、iPhoneなんかと連携しちゃったりしたら面白いなあと。その頃にはiPhoneのテザリングもソフトバンクに解放してもらって、タブレットMacがそれから通信できたりなんて。ソフトバンクが解放するのが嫌なら、このタブレットMac経由でなら出来るとか、ちょっと制限かけたくらいでもいいかもしれません。

後はiPhone Appが流用できたりとか?とにかくMacBookとiPhoneの間を埋める商品だけに、どっち側の要素を強くするかで強みが変わってきそう。iPhoneあればいいじゃない、なんてことにならないよう、素敵な製品を出してほしいです。
[PR]
by tacca884 | 2009-07-14 02:02 | IT

[Apple] iPhoneが特別な理由

以前からあった機能を「特別」にするiPhoneマジック from nobilog2

Appleウォッチャーとして有名な林信行さんのブログの記事は興味深い。iPhoneに感動をおぼえた人ならいわんとしていることは概ね理解して同意出来るものではないでしょうか。

iPhoneが出るずっと前、auから第三世代の携帯電話がでた時、いよいよ僕の欲しい機種が発売されたときに僕はかなりの興奮を持って機種変更しにいった記憶があります。高速なEZWeb、そしてダブル定額。パケットを気にせず、そしてGPSによるEZナビウォーク・・・新機種がでるたびに楽しみで、半年くらいで機種変更していた時代もありました。

しかし今となってはiPhoneで届き難い通話を補完するためだけにあり、パケットは基本ダブル定額の底辺となってしまったauの携帯電話。電池がもっと保って、電波が良ければiPhone一台にしぼりたいくらいです。iPhoneに出来て、auに出来なかったこと、そしてdocomoにも出来なかったことが林さんのブログを読むとよくわかります。「この機能がありますよ」を"見せ"るだけでは誰も惹かれなくなり、「この機能を使うとこう楽しいですよ」を"魅せ"られることが世界の市場で求められるものになってきているのだ。シーズからニーズへ。そしてニーズを簡単に、そして手軽に満たすことが出来るのがiPhoneであり、iPhoneのアプリである。最初からある機能なんてほとんどみんな使わない。欲しい機能は誰かが作って提供する。使ってくれる人がいる、そして使ってもらえれば作った人には何かしらのメリット(販売収益だったり、名声だったり)が与えれられる。

進化し続けるiPhoneと、進化を別の方向に求め、ある狭い領域だけで生きようとする日本のガラパゴス携帯電話。iPhoneのような世界向けの進化を目指そうとするAndroidやPalm Preなども出始めた今、日本の携帯電話はどうなっていくのか?せっかくのモノづくりの強い日本だけに、その進化についていけなくて引きこもることになり、せっかくの強みを活かすことが出来ないなんてことにならなければいいのだが・・・。
[PR]
by tacca884 | 2009-07-08 00:13 | IT
教え上手は、学ばせ上手/関根雅泰

人に教えるというのは本当に難しい。この本にもあるようにコミュニケーションをいかに取れるか、が教える側が努力しなければならないところである。自分も歳的にはもう教育する側ではあるのだけど、まだまだ教わる側でもあり、教える側の行動や言動などを見ているとさすが良くできる教える側の人というのはあるパターンでちゃんと講義が構成されている。

先ずは教えたいことを説明し体験させる。そしてそれに関して教わっている側への質問と、それに関する討議。討議はグループに分けられたりする。そして討議した内容は発表しあって共有し、その共有した情報の中から教える側がその質問に対する整理を行っていくという流れ。おそらく会社の研修とか出ているとわかってきますがこの流れはどういう講義を受けても同じ構成です。これが人間が学び取るための良いプロセスであり、それを間違いなく、時間通りにこなしていくことが教える側の仕事なのである。

そしてそれをこなすには準備が大事である。準備無き教育などあり得ない。本番では何が起きるかわからないアンコントロールな状況。コントロールできるのは準備だけであり、準備に時間と労力をかけている人こそ、教えられる側へちゃんと教育が行き届いて結果を出せる人なのである。

また、何をやるにも当たり前にあるPDCA(Plan, Do, Check, Action)というフレームワークはもちろん教えることについても適応する。教育にも計画は必要だし、それを実施しその実施状況からチェックを行い何を改善していくべきか、次のPDCAを回すためのアクションを出して実施する。何も難しいことは言ってないのだが、これをやり切りというのは実はとても難しい。そしてそれを成功させるのが前出した準備がいかに本気でやりきれるか、である。

会社での研修やどこか著名な専門家による講義となると社会人という大人を相手にして教えることになる。大人に対してどう教育していくのか、大人同士、何を解決したいのか?何をゴールにしているのかということを話し合い、合意して教育は進められるべきである。そして人間同士、価値観を重視した接し方、好みの学び方がそれぞれにあることを理解していくこと、それをキッチリやっていって教えられる側に信頼を得て自ら学ばせる。教え上手とは相手を学ばせることが上手、まさしく本のタイトル通りなのである。

教え上手は、学ばせ上手
教え上手は、学ばせ上手

【More:メモ書き】
[PR]
by tacca884 | 2009-07-06 01:28 |
本当すみません!
アップル関係はこちらのブログって公言していたのに、すっかり毎日できるだけ書いているはてなのブログの方に喜びの記事を書いてしまいました(笑)。

なんか本を読むのは再開しているんだけど、こういうときにトラブルが起きるんだよな・・・はてなのブログの方に書いたように、iMacが不調だったり・・・

って!だから、そういう記事もこっちじゃん!
[PR]
by tacca884 | 2009-07-01 02:23 | IT