「ウェブ進化論」の「玉石混淆(ぎょくせきこんこう:Wheat and Chaff)」的に、"石"とするか"玉"とするかはアナタ次第です。Appleネタと本で生きてます(笑)。雑記は別ブログあり。


by tacca884
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:ラーメンズ ( 5 ) タグの人気記事

ラーメンズ第16回公演『TEXT』/ラーメンズ

そりゃ、当然観に行った公演ですし、DVDで買ってもう一回観ましたよ。ラーメンズのTEXT、僕の仲では最高傑作。しかも収録されたのは僕が観に行った2007年3月17日のやつ。つまりおんなじやつ。

改めて観ると本当完成度が高い。言葉の組み合わせが心地よくってそして大笑いできる。前半の言葉をうまく当てはめていくところや、同音異義語を使っていくところなんて日本人でよかったぁ〜って思える。日本語の持つ面白さをちゃんとした笑いに変えられるセンス、能力に感心させられます。

そしてやっぱり良いのは片桐さんの暴走だなー。ジョッキーのは本当馬鹿馬鹿しい(馬だけに)。アドリブっぽいんだけど多分アドリブじゃないんだろうなと。

最後の銀河鉄道の夜を取り入れた作品は本当感動的だったなー。つい涙が出てしまうんだよね。

相変わらずのコント間のつながりも考えられていたりと、切り売りで観たりしても面白さが伝わらないものです。是非始めから最後まで時間を取って、素直な心で言葉を受け止めて観て欲しい、そんな良い作品。

ラーメンズ第16回公演『TEXT』 [DVD]
ラーメンズ第16回公演『TEXT』
[PR]
by tacca884 | 2009-04-18 23:02 | 映画・映像
d0100791_1235136.jpg


土曜は待ちに待った、奇跡的にチケットの取れたラーメンズの第17回公演「TOWER」を観てきました!

率直な感想。とにかく終始笑いっ放しでした。ラーメンズのコントって途中結構シリアスなものもあったりするんだけど今回は全編に渡って笑えるものでした。

そのせいか、おおー!っと感心するものは少なく、今回の印象は片桐さんが凄く活躍していて、活きているなあっと思いました。つまり勢いのあるコントが多かった。前回の「TEXT」を観ている自分としては今回はあまり小林さんの作りがあまり全面に出て無く、どちらかというと最小限にベースとして敷かれているようで、そこのベースの上で、片桐さんがうまく振る舞うことで空いてしまいそうな薄さを埋めていたように思います。まあ、やっていることは結局は今までのラーメンズのカラーではあったんだけど。

テーマの「TOWER」も全編に散りばめられているし、いつもながら別のコントに前にやったコントのエッセンスが入っていたりと全体に統一感が出るような作りでした。

本当、芯から笑える公演で本当満足。でもやっぱり生で観たので最高なのは前回の「TEXT」かも。ラーメンズの作り込まれた小林賢太郎カラーが好きな自分としてはね。片桐さん好きには今回はかなり楽しい回だと思います。
d0100791_1252748.jpg

んで、写真は勢いで買ってしまった、片桐さんのサイン入りガンダム本(笑)。くだらなくて面白いです。
[PR]
by tacca884 | 2009-04-05 01:25 | イベント
ラーメンズ第5回公演『home』

いよいよ来週に迫った第17回公演「Tower」に向けて復習中のラーメンズ。このたび、VHSで発売されていた映像関係が再発しまくりです(お財布痛い!でもうれしい!)。まずは「home」が発売されました。実はVHSも持ってるんだけど、そりゃ今のDVD環境では観れる訳もなく。久々に観ました。

やはり初期の頃なので映像としては舞台を遠目から撮ったものが中心であり、最近のラーメンズの舞台のDVDと比較するとそれは満足の行くものではないですが、彼らのセンスというのはこの時期からもう確立し始めており、内容の凝り具合はよく伝わってきます。初期の名作「無用途人間」「無類人間」を最初と最後に持ってきているあたりの構成が良い。これをテレビとかで単発のネタでやるのでは彼らの良さを出し切れない。帯として彼らのストーリーのある構成はじっくり腰を据えて受け取らなければならない。テレビで彼らがコントをしなくなったのもその辺があるのではないかと思える。

しかし改めて観ると、忘れているコントもあったなあ・・・そこそこ有名な「縄跳び部」「読書対決」は記憶にあったけど詳細は忘れていた。「映画マニアの部屋」「ファン」なんて記憶にもなかった(おいおい)。VHS当時ちゃんと観ていたはずなんだけど。その分新鮮に観れたのは観れたけど(笑)。

この後「news」「FLAT」そして第16回公演の「TEXT」も発売されます。うーん、お財布痛い!(でも、うれしい!・笑)


ラーメンズ第5回公演『home』 [DVD]
ラーメンズ第5回公演『home』
[PR]
by tacca884 | 2009-03-29 15:58 | 映画・映像

[DVD] Golden Balls Live

Rahmens presents 『GOLDEN BALLS LIVE』 NAMIKIBASHI Satellite mix

ラーメンズと久ヶ沢徹、西田征史、野間口徹の5人によるやりたい放題コントライブのDVD。

いやー、これめちゃくちゃおもろいです。ラーメンズの通常のライブってシンプルかつ凝ってて、笑いどころは勿論あるんだけど、大爆笑というところまではいかない。ニヤリとしたり、感心したりというのが多い。でも、このGolden Ballsのライブは大爆笑します。普段の二人でやっているときよりはしゃぎ過ぎというか、欽ちゃんの仮装大賞感溢れる勢いというか(笑)そう、勢いですね。全く意味不明なんだけど、その勢いで笑いに持って行かれるというか。

台本無しなところもあるらしく、いつもの計算されたラーメンズコントとかひと味違った勢いとか、素な微妙な間とかを味わう事が出来ます。なんか全般的に久ヶ沢徹さんの存在感が凄いです。出ているどのコントも面白くって、言葉や行動がイチイチ引っかかる。コント全体のキーポイントになってます。ラーメンズも凄く信頼をおいているんじゃないかなと。

あと、女装した小林賢太郎さんがなんか色っぽくて良い!(笑)あとは片桐仁さんがあまり目立ってなかったかなってちょっと思った。でもセットデザインは仁さんで、これがなかなか味がある。何故にバッターボックスが・・・(笑)。

いつもの二人コントじゃなく真剣に大人数でやりたい放題コントしているラーメンズを是非観てほしいです。
[PR]
by tacca884 | 2008-04-01 00:00 | 日々

[CD] SymmetryS

SymmetryS

ラーメンズ小林賢太郎+Fantastic Plastic Machine田中知之のスネークマンショー的作品。FPMのオシャレさと小林賢太郎のセンスが音というツールを使って発揮されている。

まあ、小林賢太郎のセンスは凄いんですが、正直期待通りというか、想像通りというか。そして、FPMの音ですが、これも期待通りというか、想像通りというか。むしろ、いろんなところで使っている音源をミックスし直した感がどうしても強い。小西康陽的(まあ、凄く近いところにはいるけど)自分手持ち音源リサイクル音楽。そういう"らしい"音楽も嫌いじゃないんだけどね。

ただ、なんか聞き込もうとか、そういう感情にあまりなれない感じです。ラーメンズのDVDや、FPMのCDは何度も何度も観て聞いてしてしまうんだけど、これはほとんど再生しないだろうなあ。

あと、どこがシンメトリー感があるのでしょう?少なくとも小林賢太郎と田中知之の見た目には無いけど(笑)。椎名林檎ばりにタイトルまでシンメトリーにすれば良いのに。逆にそこのミミックは、小林賢太郎のプライドとしては出来ないかもしれないけど。あとは正直、「この二人でやらなくてもいいんじゃないか?」と思うところはある。バラバラに才能が発揮されているところがあるかなと。

ラーメンズファンに無条件に買わせるには物足りないので、是非タワレコとかで試聴してご判断ください。(試聴したのに、コレクター意識から買っちゃったけどね)
でも、CD終わりがけ「卒業生イン・ザ・ハウス」はなかなかノリノリで音も格好良いので好きです。個人的には後半盛り上がってきます(「盛り上がる人たち」という曲もあるくらいに・笑)。


あー、全然関係無いけど、タワレコで試聴した、紙ジャケットで再発されたパール兄弟、今何故か急に欲しくなってきた(笑)。
[PR]
by tacca884 | 2008-03-01 23:23 | 音楽