「ウェブ進化論」の「玉石混淆(ぎょくせきこんこう:Wheat and Chaff)」的に、"石"とするか"玉"とするかはアナタ次第です。Appleネタと本で生きてます(笑)。雑記は別ブログあり。


by tacca884
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:勝間和代 ( 8 ) タグの人気記事

会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く/勝間和代

勝間さんの「預けるな!」といえば「銀行にお金を預けるな」ですが、今回はリスクマネジメントに関する本で「会社に人生を預けるな」というものです。

この本を読むと思い出すのは「金持ち父さん貧乏父さん」のラットレースのこと。会社に所属し、会社に使われ、自分の人生をコントロールできずに働き、一生懸命働いているのに貧乏である・・・まさに会社に人生を預けている状態であり、これが人生のリスクとなる。会社なんていつかなくなるかもしれない。そんな不安定なものなのに「安定している」と勘違いしてそこに居続けようとする。いざ、なくなると何も出来ない人がたくさんいたりする。

この勝間さんの本で強く叫ばれているのが「終身雇用制」について。これが働く人にリスクを取らさせない原因である。リスクをとらなければリターンは生まれない。リターンを生み続けなければ経済は成り立たないし、働く人にも恩恵が行くこともない。リスクを回避するという楽な生き方をすることで逆に大きなリスクを背負うことになる。また、終身雇用制による人材の流動性が損なわれると働く人の不均衡が生まれ、中高年の男性が働き過ぎになり、女性や若い世代に仕事が無いという状況を生んでしまう。

リスクについてはこのブログで他にもリスクに関する書籍を読んで紹介しているが、リスクとは予測できないものではない。リスクマネジメントとは予測できるリスクを管理することである。そして日々自分の周りを取り巻いているリスクを把握し、最小限の被害に抑えることである。リスクはゼロにはならないので、リスクといかに上手に付き合っていけるかが大事なのである。

また、なかなか面白いのが勝間さんの大胆な提案がやはり良いです。まず何度も出てきている終身雇用制の緩和。そして道州制の導入による東京集中型と地方統合による州の州権限強化によるより素早いマネジメントサイクルの構築。個人における源泉徴収・年末調整の見直しによる支払い税金の明確化など。今の高齢者によるシルバー資本主義な政治家や社長さんに勝間さんのような発言をすると真っ赤になって怒ってきそうだが(笑)、勝間さんの提案はとてもアグレッシブで刺激的だ。日本は改革・改革と叫んでいる割には出来ていない。それは勝間さんの言う「変えることへのリスクを取ってない(取れない)」からであろう。この本でも「お上に頼るな」と言っているところがあり、基本もうリスクを取るには歳を取り過ぎた・・・そして取らなくても生きていける人が仕切っている企業のトップ、政治のトップでは何も変えることはできない。そこに対して何か文句ばかり言っても仕方が無いことはそろそろ気づかなければならない。

「会社に人生を預けるな」は大きく見れば「国家に人生を預けるな」ということになる。今あることが当たり前だと思って思考停止で受け入れることは非常に危険なことである。将来の自分がどうなるのか?将来の今いる自分の会社・国がどうなるのか?という想像力を働かせることがリスク管理では必要になってくる。そう考えるとリスクを取ること、リスクを管理することに対してワクワクしてくる。自分の人生は自分でコントロールすること、そして自分でコントロールできることの幸せを感じることが出来れば、立派なリスクリテラシーを身につけたことになる。

会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く (光文社新書)
会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く

【More:メモ書き】
[PR]
by tacca884 | 2009-04-13 23:46 |
断る力/勝間和代

勝間さんの新書が出ました!なかなか読んでも書評が書く時間が取れず(言い訳でしかないですが)書かせていただきます。今回は断る力。アサーティブとも本の中で表現されています。この断る力というのは勝間さんのパワーの大本になっている力かと。なんか単純に断る力というと、強引さとか非協力的なイメージが先に立ってしまいますが、そういう視点ではなく、いかに自分のやるべきことに集中するために、相手に多少は嫌われてしまうかもしれないけど、気持ちよく断って自分の人生、そして周りの人を大切にするかというところが大きなところです。

この本の中でショックを受けたのは、何でもかんでも引き受けてしまい自分というものを知らない間に失ってしまうと「コモディティ」つまり「コスト換算される代替可能なもの」となってしまうということ。つまり、要らなくなったりすれば捨てられるし、何か断ろうとすると他のものと替えられてしまう。そこで自分の考えを持ち、自分で判断して、他人を納得させられるくらいの力を持てば何でもかんでも頼まれず、かつ、代替の利かない特別な存在である「スペシャリティ」になることができる。ある意味、断ることへの勇気、断れるくらいのバックグラウンドを自分に作り上げなければ成し遂げられないことであり、また、スペシャリティになることによってさらに断る力が成長していくという効果がある。こう書くと「断る力」と「スペシャリティ」には鶏と卵な関係が見えてしまうが、ある程度リスクを許容し苦労をして、「断る力」が成り立つ領域まで行かないといけない。簡単にはいけないところではあるが、どの努力の先にはスペシャリティな自分が待っているということだ。

しかし断るということに対して誰しもが心配することがある。それは「人に嫌われる」ということ。しかし案外人に嫌われることはたいしたことではない。全ての人間に好かれることなど不可能なのだから。嫌われる人、自分に合わない人を感情的にとらえるのは得策ではない。そこにはそういう構造があると認識するしかない。嫌われていることを解決するために力をかけるのかどうか?はコスト対効果と同じで、意味があればすれば良い話なのだ。むしろ、嫌われる人がいても、自分のファンを持てば良い。断れること、言いたいことを言える人だからこそ、ファンがついてくれるのだ。

断る力によって嫌われることによる割り切りを持つと、自分にリスクを課すことになる。しかしその分、自分のやるべき本当のことが成し遂げやすくなる。つまり成功する可能性が高くなるのだ。出来るだけリスクを取らないリスク・ミニマイズな生き方だと思考停止に陥り、人にコントロールされる人生となる。そんな人生は楽しくはない。リスクは持つがリターンが大きければ人生はハッピーになれる、リターン・マキシマイズな生き方、それが断る力をつけることである。

断る力を十分発揮するには、それを活かすための戦略を自分の中で持つ必要がある。自分の得意分野は何か?不得意分野は(自分以外で)どう補うか?断る上での理論的な理由とは?圧倒的な事実・証拠は?そして断るなりにそれに対する代替案の提案とは?・・・この辺をしっかりと持っておくことが重要となる。断る力を持つことは楽なことでないが、十分に活用できれば自分のためになる大きな力である。

断る事とは、実は「思いやり」「誠意」である。お互いが対等であり、そして発言・行動に責任を持てるからこそ断れるのである。

断る力 (文春新書)
断る力

【More:メモ書き】
[PR]
by tacca884 | 2009-03-11 02:12 |
[雑記] 勝間さんの書評で参加賞に選ばれました!! [from Wheat and Chaff]

以前のブログの記事にも書いたように、本ブログでの勝間さんの著書「読書進化論」の書評が、ブログ感想文企画の中で参加賞に選ばれこの度商品の勝間さんサイン本が届きました!
d0100791_23492136.jpg

中には選ばれたブログの一覧がありますが、しっかり私のブログも載せていただいてます!(写真が小さいので見え難いとは思いますが)

さてさて実際のサインの方ですが、こんな感じ。
d0100791_23501538.jpg

本名が書かれているので隠してはいますが(笑)しっかりお名前を入れていただきました。そして勝間さんの性格を感じるシンプルなサイン。そして、「For "Book Lovers"」というお言葉。ますます本を読もうという気持ちにさせてくれます!

本当にありがとうございました!
[PR]
by tacca884 | 2009-01-28 23:54 | 日々
起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術/勝間和代

またもや、勝間さんの著書です。リリースが早いですねえ・・・。忙しさにかまけていたら発売されて読んで書評を書くのが遅れてしまいました。もうインターネットの世界には多くの彼女の著書の書評はいっぱいあるでしょうけど、書かせてもらいましょう。

「起きていることはすべて正しい」というタイトルを見た時、あぁ、納得と思ってしまった。そうなんだよね。というか、今そこでリアルな世界で起きていることを間違いと言ったところで何も変わらない。間違っているという感覚は現実を受け入れられていない状態であり、現実に起きていることが真実になる。なんと当たり前のことなんでしょう。その当たり前のことを躊躇もなく本のタイトルにしてしまうところに勝間さんの凄さがある。

つまり、起きていることはどんなことでも、自分にとって何かの「機会」となるわけだ。その機会を自分のアンテナでどう引っ掛けて、うまく解釈して、一瞬にして考え咀嚼して、結論・結果を出すことで人間はアウトプットする。その機会によるアウトプットが良い方向にいけばそれはその人にとって成功となる。偶然性という意味のセレンディピティという言葉がよく使われるが、人間生きている常の時間はどこでもセレンディピティなのだ。(極端に言えば、今ここで生きていることそのものがセレンディピティ)

よりもっと機会を自分のアンテナで引っ掛けるには、日々の努力が必要。多様性を持ち、ポジティブに、ムダを省き、たくさん本を読んで他の人の経験をあたかも自分のもののようにする。インプットの量を増やし、そしてそれを自分の中で取捨選択して全てを持たず捨てる勇気を持つこと。それにより機会を引っ掛けるアンテナは洗練され、自分にプラスになる機会を引き寄せ、捉えることが出来る。そして大事なのはその後、同実行するか?実行すること、決断することはリスクを取ることになる。しかしそれを行わなければ、せっかくの機会のインプットを活かしたことにはならないのである。

読んでみて面白いところとして「自分がしたくないことは、しない」という話がある。これ、逆の意見も世の中にはあり、「やりたくないこともしろ」「やりたくないを言うな」と書かれている本もある。「自分がしたくないことは、しない」を通すには正直その人への信頼や、その人の人間としての厚みが無いと出来ないことかなと思う。それは今の勝間さんの世の中からの見られ方やキャリアがあるからこそ出来ることなので、社会経験の少ない若い人や基本的に社会人としてのやるべきことを達成できてない人は文面通りに取らない方が良い。したくないことが寄り付かない様にする(実績や自信を持つ、成功事例のある確固たる方針を持つ)ことが大事なのだろう。

そして最近、自分の仕事でもそうだが強く思うのが「決断することは人に嫌われるリスクを取る」というところだ。本当にこのリスクを取りたがらない人が多い。リーダークラスでもそういう人は居る(部下に言わせる)。それを恐れているということは、リーダーシップが取れてない、持ち合わせていないからということだ。本当に必要な仲間は下した決断が元でその人を嫌おうとは思わないはず。そしてリーダーシップがあれば、少しわがままな決断を下したとしても人はついてくるものだ。

とにかく、この本を読めば、明るくポジティブで人当たりが優しい勝間さんがガンガンやるべき仕事をこなしている理由がわかる。そして彼女が今現実に成功しているという「起きている」事実が「正しい」のだなと改めて思う。是非、彼女の考えに批判的な人はその事実を噛みしめて、素直に自分のアンテナに引っ掛けてみてはどうだろうか。

起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術
起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術

【More:メモ書き】
[PR]
by tacca884 | 2008-12-20 20:09 |
読書進化論、読書の未来を語ろうキャンペーン、発表: 参加賞はこの方たちです [from 勝間和代のBook Lovers (ブックラバーズ)]

既に別のエントリへのコメントで気づいている方もいらっしゃるかもしれませんが、勝間和代さんのブログでの「読書進化論」の書評のトラックバック企画に参加したところ、参加賞をいただくことになりました。ちなみに参加賞といっても全員がもらえるわけではなく、20人が選ばれるもの。その他セレクト賞、大賞もあり、それなら勝間さんとお会いできる機会がいただけるのです。今回参加賞は勝間さんのサイン入りの本をいただけるとのこと。

僕はまだまだ書評を書くには文章力があるとは思ってないので、多くの書評が集まる中で20人の中に入れていただいたのは、こうやってブログをやってきた甲斐があったってもんです。なかなか理系な僕が文章を書くってのはハードルが高くて、稚拙なところも多々あるとは思いますが、気持ちが文章に込められて伝わったというのを、本の業界にいらっしゃる方に少しでも気になってもらえたというのは幸せな事です。

こういうことがあると日々アウトプットしている価値を感じる事が出来るし、それを継続させようという気持ちにもなるなと。継続は力なり、何かを信じてやり続けることが強さになるということを実際に味わう事が出来た良い機会でした。

今後も何か見返りとかは考えず、自分のために発信していければと思います。大量に溢れるインターネットの中のほんの少しのテキストですが、今後も楽しんでいただければ幸いです。
[PR]
by tacca884 | 2008-12-09 00:52
読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ /勝間和代

前回紹介の本に続き、勝間さんの本です。この本はウェブが発達したこのご時世、印刷物で読まなくても様々な情報が得られる今、どのように本と付き合っていくかを書いてます。

正直自分も今のように本を読んでいない頃、趣味も仕事柄もコンピュータやインターネットな人だっただけに、いずれ印刷物は廃れていくと思っていた。ましてやGoogleなんていう一瞬で世界中から知識を、大半は無料で拾ってきてくれるような夢のような仕組みもあるわけだし、本なんて読まなくたっていろんな知識は得られると思ってました。

しかし、本を読んで変わった事は、本の凝縮度の凄さだった。インターネットで探せば確かに速い。でもその内容は正確性が疑わしかったりする。また、テレビと一緒で何故か受け身感を感じるもので全然自分の身に付いていかなかったなと感じるところがある。それは本を読み始めて、こうやってブログにアウトプットをするようになってからようやくわかったことである。

時間をかけ、調査をして、洗練させて、読ませるために工夫して。読者に千数百円の投資をしてもらうわけだし、売れなければ信用だったり、生活に関わる場合もある。取り組む真剣味の違いはインターネットでの情報とは比較にならないだろう。

かといって、ネットすべてが悪いわけではなく、使い方次第だ。ましてや本の方で良いものを書いている人のブログは信用がおけるわけだ。この勝間さんのこの本にもあるけど、本の著者の名前というのは「品質保証」だということ。本は読まなければその質の良さがわからないけど、ある程度著者を知っている・過去に読んだ事があるというものがあれば信用してみて、手に取って読んでもらえるということだ。よって、ブログもその著者であれば情報として品質保証がなされていると言えよう。まあ、大半はそこに本ほどの事が書かれることはあまりないけど、その著者によって紹介されるもの、つまり次にある別の高品質なものへの「リンク」を得る事は出来ると思う。


また、本の中でコラム的にある勝間さんの本屋ぶらぶら歩きが面白い。いつも勝間さんが本を買いにいった時、どういう行動を取るのかというのが見られる。その中で自分にも最近感じられて思ったのが、「新しく入った本は自然に目に飛び込んでくる」というところ。新刊で平積みのものでなくてもなんか気になって取ると新刊だったりするのは自分もある。最近は週に少なくとも2回は本屋に行って、本のザッピングをしているのだけど、なんか本屋での本探し感覚が冴えてくる感じではある。Amazonで探すのもいいけど、自分の足で探して、時にはセレンディピティで新しい発見したりと・・・こういうのは本を読むようになって得られた楽しみの一つだったりする。

あと、人間は相手に伝えたいものを得るには、「自分で体験する」「人に聞く」「本を読む」しかなく、そのうち「人に聞く」「本を読む」については結局は自分の中に落とし込んで噛み砕いて消化して、自分のものにしないと、そのまま伝えても伝わらない。実はその「噛み砕く」という処理がとても重要なんだなと。何か伝えるものを書くわけじゃなくても、この処理があってこそ自分のものになるんだなと思う。だから僕はこうやってブログで書こうと思ったわけだし、ブログに書いて公開するってことは誰かに何かを伝えようとしているわけだから、ある意味著者としての立場でもある。これを「自分メディア」と表現してわかりやすく書いてくれている勝間さんはさすがだなと。

これからまだまだ僕は本を読んでいくと思うけど、こうやってアウトプットは続けていきたい。「本を読んでブログを書くこと」自体を目的とはせず、ちゃんと自分が噛み砕いて消化したいこと、身に付けたい事を本から得て、自分なりの言葉にして出していきたいと思います。(消化不良にならないように!笑)

読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書) (小学館101新書 1)
読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~
[PR]
by tacca884 | 2008-10-07 23:40 |
勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan/勝間和代

勝間さんの新刊本です。ちょっと何かを変えて、ちょっとずつやって行く。今何もかもが裏目、考えないといけない人がちゃんと考えてない日本に勝間さんの優しいトーンで鋭くアドバイスという感じです。

そして何が興味がそそられるかというと、大好きな西原さんとの対談付き。雨宮さんは存じ上げなかったけど、日本の若者と社会について語ってくれてます。結構最近は速読っぽくポイントだけ読むようにしてしまってるけど、西原さんとの対談はじっくり読みたいところ。なんか西原さん、勝間さんに押されてませんか?(笑)いやー、パワフルな西原さんもちょっと控えめになる勝間さんのパワーを感じますね。

日本の社会で働く女性の言いたいこと、気持ちを勝間さんたちが上手く代弁しているように思います。僕は男だし、独身なので、勝間さんたちが言っていることを100%ちゃんと理解できているわけではないんだけど、よーく聴くと女性だからというところではなく、社会はこうあるべきというところを的確に捉えているなと思う。子供たちに対するケアの部分、教育や福祉などの国からの援助というところは女性でなくても納得できるところである。さすが勝間さんは数字に強いし、グローバルに物事を捉えているから、ちゃんと理論だてて日本の良くないところ、変えていくべきところを書いてくれている。ワーキングマザーとして家庭も見て、社会も見て、仕事をきっちりやりきっている人だからこそ語る事のできるところなんだなと。

あとは、若者たちに対する危機感についても書かれている。どんどんアウトソース化していく仕事、つまりフリーランスとしてどう生きていくのか。とても印象的なのは「社内改革が出来る人、それは会社を辞められる人」という言葉。責任感を持ち、失敗したら責任をとって辞める。ギリギリのところで改革ができないと会社は変えられない。リスクを追わずに良い仕事はできないということ。自分がでは今出来ているかというと、やはりどうしても会社にしがみつきたいところが少しはある。それは多分自分の中で、今の会社に居なくてもやっていけるくらいのバックグラウンドがまだ出来てないんだなと思ってしまった。

それに近い内容で、この本には日本の会社では、管理職が管理職をするための、営業が営業をするためのちゃんとした勉強をしないまま、流れでそういう仕事をするようになっているとある。アメリカと日本ではMBA卒業生が二桁違うらしく、そういう勉強をしないまま日本ではマネジメントをやっている人が多い。つまり、プロフェッショナルではないのだ。確かに。自分の事も言えないけど、そう思う。だからこそ、もっと勉強したいなって気持ちがある。

勝間さんも言うように、何でもかんでも一気に変えようってのは難しいから、自分が正しいと思うことを少しずつやっていければいいなと。

ところで、やはり勝間さんの本はまとめ方がうまい。最後の方にある「15の提言」だけ読んだらほとんどこの本で言いたいことって語られてしまう。「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」のときにも書いたけど、あのポイントは読者が勝間さんの本から捉えて書き出せないといけないところだと思う。国語のテストじゃないんだけど(笑)。そこをちゃんとまとめちゃうところが勝間さんの優しさなんだろうなあ。

勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan
勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan
[PR]
by tacca884 | 2008-10-03 01:27 |
勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践
勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践/勝間和代

久々に勝間さんの本を読むことにした。実はここ最近、彼女が売れに売れまくってて逆に著書を読むことを避けてきてしまった。読めば面白いしためになるんだろうけど、ただ、なんとなく。そういうのを気にしている時点で僕はまだまだな人間だなと。今回の勝間さんの本は「フレームワーク」ということ。3C分析とか、PDCAとか、普通に会社で使ったり見たりしており、とても自分の仕事の中で近いものだったのでこれは!と思い、自分の中の変な制約を解除して読んでみることにした。

タイトルにもあるように、7つのフレームワークが紹介されている。論理思考力、水平思考力、視覚化力、数学力、言語力、知的体力、偶然力。それぞれに3つのテクニックと4つの実践方法が記載されている。この構造もこの本の中で紹介されているフレームワークを使っている。読む前にそれが紹介されているのがすごく親切。その構造を知ることで、この後読んでいく上でもすっと入りやすくしている。

論理思考力のMECEやピラミッドストラクチャなんてのは有名なところ。多くの人はもう使っているのではないだろうか?しかしそれだけではなくこれを広げるための水平思考力(ラテラルシンキング)というのが大事。直感、組み合わせから解の仮説を立てるもので、想定している範囲外から出てきた解(Out of the Box Solution)である。これが実は新しい発想であったりアイディアの元になる。知識や論理だけではこなせないところはこのフレームワークで補っていく。

視覚化力なんてのは、イメージという最も情報量の多い刺激を使うこと。イメージで本を読むことや、思考自体をイメージ化するなど。これは僕自身もイメージで考えたりはする。人に伝えるときにもできるだけ図や絵を使うなど、これもビジネスの上では必要なスキルである。

数字力というのが数字の意味を理解すること、数字を使って物事が説明できること。数字というのは物事を比較したり、物事に印をつけて、より人間が理解しやすくなるもの。特に経営層への説明は数字が大事。定性的な感覚はなかなか説明しても納得をもらえないものだ。また、言語力は人間がより良くコミュニケーションをするには必要なもの。それを普段から本を読んで疑似体験したり、プレゼンテーションして言葉を意識して鍛えていくことで自分の中に広がりができる。

知的体力は身体と頭の関係。身体が健全でないと頭もうまく働かない。最後の偶然力はセレンディピティ。今まで培ってきているあらゆる力を有効にするにはこの偶然力が必須。自分の中でアンテナを立て、リスクをとり、普段から知識を入れておかなければチャンスが巡ってきてもそれをうまくとらえて有効に利用できない。100%成功するようなものはこの世には無いので、自分の中でそのチャンスを高確率にするための様々な準備が必要である。


全体の感想としては、本当に効率よく、ポイントを押さえて書いているなと。この本の中に書かれていることは、他のビジネス本を10冊くらい読まないと揃えられないような内容。つまり正直な話、手っ取り早く今の自分の仕事の仕方を変えたい、改善したいと思う人はこの本をとっかかりにして仕事に活かしてみてもいいかもしれない。

僕は既にいくらかはビジネス本などを読んできているので書かれているフレームワークに目新しいものはそんなになかった。ただ、勝間さんの文章の書き方は柔らかく(でも内容は厳しい)全然押し付けがましくないし、またそれの実用性の理由を簡潔にまとめて説明しているので非常にわかりやすい。今までいろんな著書で説明不足なまま、とにかく実践でやってきたことに一つの解を導きだしてもらった。いろんな本を読んできた人はさらっとこの本でリマインドするのには良いだろう。

という意味だと逆に、この本を読んでから、この本にも添付されているお薦め本の類いは手に取ってみるのが良いだろう。概要をこの本でつかんでいるならきっと読むのも速く読めるし、理解も深まる。ただ、お薦め本の紹介は嬉しいけど、正直言えば読者に探させた方がよかったかも?あれだけ本の中にキーワードがあればググれば探せるし、良本は淘汰されないからすぐに見つかるだろうし、いろんな書評を読んでどの本を読むか?を考えさせても面白かったかもしれない。

僕の思うに、ここまで勝間さんノウハウ出しちゃっていいの?と(笑)。でも勝間さんなら次のネタもいっぱいお持ちかと。まあ、でもこの本は概要という感じなので、この本を読んだ人はこの後が大事です。つまり継続的にこの本に書かれていることを実践できるか?関連する他の本が読めるか?というところ。でないと、フレームワーク(骨格)はフレームワークのままで肉がつかず、せっかく1600円も出して読んだ意味がありません。勝間さんが「この本書いてよかった〜!」って思えるよう、是非実践に繋げるべきではないかと思います。
[PR]
by tacca884 | 2008-06-21 20:43 |