「ウェブ進化論」の「玉石混淆(ぎょくせきこんこう:Wheat and Chaff)」的に、"石"とするか"玉"とするかはアナタ次第です。Appleネタと本で生きてます(笑)。雑記は別ブログあり。


by tacca884
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:携帯電話 ( 7 ) タグの人気記事

iPhone不振は「想定内」とKDDI小野寺社長 「スマートフォンよりケータイの方が使いやすい」 [from IT Media]

[WSJ] AppleのiPhone 3G、日本での売れ行きは低調 [from IT Media]

本当にそろそろどうにかしてほしくなってきた、日本の携帯電話事情。iPhoneの位置づけやあり方というものを理解せず、自分たちの都合の良い視野のみで言及している。まあ、こういう強気の発言は会社のトップとしてはどういう理由を付けてでもやらないといけないのは仕方がないことではあるが。auはようやくスマートフォンに参入のようですがあまり積極さを感じられないですね。

日本では絵文字やワンセグが必要だとか、日本向けにローカライズされていないのが売れない理由だとか、言えば言うだけ日本の多くの人は日本という国の中で楽しくランランとしていたいんだなと思ってしまう。あらゆる状況を見ると日本だけで物事を考えることはかなり危なく感じることが多くなった。国債つまり日本の借金は平成19年度で約550兆円。中国をはじめとするアジア圏の成長により他国から日本抜きで話をされてしまいがちな昨今、より引きこもりを目指そうとするのか?(そういや以前読んだな、引きこもり国家・日本
今あるガラパゴスな状況を危うく感じなければいけないのではと思う。その象徴が携帯電話業界であったりする。各個人が世界に繋がることが出来る時代。その中でも手軽に持って身の回りに常にある携帯電話は、グローバルに生きる上での格好のツールであるにも関わらず。

世界の大半のユーザがiPhoneを使いこなせているのに日本だけそれを上手く示せていないというのはどういうことだろうか?確かにその魅力の紹介が積極的にメディアでされているかというと、騒ぎだけ大きくてその辺の本質は少ない感じだ。日本人はなんかテクノロジーとか、先端製品というものにアレルギーがあるように思える。食わず嫌いというか、もう最初からシャットアウト。

みんなが日本のガラパゴスな携帯電話を持って引きこもっている。みんな携帯電話で世界に繋がっているようで、全く世界には飛び出してはいないんだなあ。
[PR]
by tacca884 | 2008-09-17 23:58 | 日々
iPhone日本発売は来月~12月のどこか、3G iPhoneは6月9日に発表?[from ギズモードジャパン]

嘘がまことか、またiPhoneネタです。っていってもその来月から12月という幅、広すぎるだろ!おい!という感じの噂なんですが・・・。3G自体の発表は6月9日。これはWWDCでの発表ということのよう。まあ、確かにそこを狙わないとねー。という感じだと、それ以外でのサプライズはあまり期待が出来ないかもしれないなあ、WWDCは。久々にワクワクできる「One More Thing...」してほしいなあ。

日本ではやはりどうしてもdocomoから出るのが有力なのかも?こんな噂もでてましたし。韓国のKTFとdocomoが一緒にiPhone販売をする?という噂。

KTF and NTT DoCoMo to jointly launch iPhone in Korea and Japan?[from unwired view.com]

何かとソフトバンクよりは噂はdocomoなんですよね。そういやdocomoは5月27日に新製品発表会があるようです。

ドコモ、5月27日に新製品発表会――夏モデル登場か[from ITMedia]

まあ、アップルの発表の前なので、そこで発表がされるはずは無いとは思うけど。同時期にはソフトバンクもauもやるはずなので、隠し球的に出す可能性はありますね。

いやはや、とにかく先ずは6月9日のWWDCを楽しみにします!!
[PR]
by tacca884 | 2008-05-21 23:03 | ガジェット
「iPhone」、Appleの直営店でも在庫切れに

おお、いろんなところで品切れ状態という記事は見ていましたが、とうとう直営店でも品切れになってきましたね。うーん、これは新iPhoneの登場間近か?アップルは新製品が近づくと品切れになるし。

さてさて、新iPhoneとなると3G対応ですが、これと同時期に日本発売という発表はあるのでしょうか?そういや、一番発売しそうな可能性の高いdocomoですが、先日LG電子のPRADAケータイというものを出すという発表をしてましたね。

いやー、なんか似てますねえ。って、実はiPhoneの発表より先だったんですよね
。まあ、iPhoneがパクったかどうかはわかりませんが、操作性や画面のエフェクトは似ているところは多いですね。ITMediaの記事を見ると写真と動画でPRADAケータイの紹介が見られるんですが、そこで出てくる日本語入力インターフェースは、以前出ていたiPhone 3Gの日本語入力方法の噂に近いですね。これも突き詰めた結果似てしまったのでしょうか?確かに携帯電話での日本語の入れ方って慣れ親しんだものの方が入れやすいですからね。

PRADAケータイが頑張っているのは、日本の携帯電話に近づけているところ。ちゃんとmicroSDもあるし、i-modeやiアプリも搭載してます。あとはお値段を頑張れば言うこと無しなんですが・・・キッチリPRADAな値段です。

アップルが新iPhoneを日本で出す場合、どこまでガラパゴス化した日本の携帯電話の機能をやってくるのかな?でも、アップルことだからジョブズが「microSD?そんなものは要らない。インターネットに繋いで.Macやflickrにアップロードすれば良い」と言い放ちそうだ(笑)。まあ、僕はむしろそうやってくれた方がアップルらしくていいと思うけど。

あ、PRADAケータイの話ばかりになってしまったけど、いろいろ出ている情報を見る限りはよく出来た携帯電話だなという印象です。触ってみないとわからないところもありますが。しかしこれでdocomoからiPhoneが出たら欲張りだなあ。
[PR]
by tacca884 | 2008-05-12 23:58 | ガジェット

[雑記] ケータイ事情

ソフトバンクから変形ロボ携帯 フォンブレイバー 815T PB/Engadget Japanese

こりゃあ、やり過ぎっしょ(笑)。最近純増No.1だから調子に乗ってしまっているのか、一時期のauのようなアグレッシブさなのか。

というか、トランスフォームといいつつも、パーツをつけないといけないのね。ニョキって本体から出てくるわけじゃないのね。それってトランスフォームなのかなあ?そういうパーツを持ち歩いて見せびらかすときに接続して・・・という姿が悲しいです。勢いでパンツまで脱いで、笑いを取った後にそっとパンツを履く時のような微妙な空白時間のある悲しさです。ニョキって出るなら合コンでも使えそうだが(笑)。

ロボになってない素の携帯電話のスペックも一昔前のだし、誰が買うんだろう〜。誰か買ったら見せてください(心にも無い事だけど)。

携帯電話といえば、通話をイーモバイルが開始しますね。

イー・モバイルが音声サービス開始―“基本料金0円/月、パケット定額1000円/月”からの「ケータイプラン」/ITMedia

エリアの面はドコモのローミングでカバーか。でも追加料金かかるし、まだローミングエリアは絞られている。イーモバイル同士は無料っても、数がまだまだだし。データ通信も契約していると、使わなければ基本料無くて0円。・・・まあ、これからですからね。ケータイ市場に一石を投じるインパクトを出してくれれば業界的には活発になりますので。

それにしても、初っ端がパッとしない端末ですね。あ、これってさっきのと同じで東芝製か。以前auは東芝製しか使わないという奇特な私でしたが(理由は初めてauで見た東芝製が好きなデザインだったし、当時はいつも最新機能が載ってたから)、最近はパッとしないのでINFOBAR 2にしたところもあり。HD DVDも撤退だし、ちょっとマズい頃のソニー化してるなあ。


全然関係無いけど、いつから「携帯電話」は「ケータイ」になったんだろう?「餃子」が「ギョーザ」なのも。ギョウザ?ギョーザ?(どっちでもいいか)
[PR]
by tacca884 | 2008-02-27 21:47 | 日々
完璧すぎる携帯コンセプト「P-Per」/Gizmodo Japan

うおおお。格好良い!ちょっとやっぱりiPhoneありきな感じのデザインではあるが、ここまでやっちゃうとは。ってコンセプトモデルであって実際出るかどうかは?ですが。

全面が液晶ってことは電子ペーパーとかじゃないと実現できないって感じですかね。いやはや、表裏全面液晶、そして恐らくはタッチディスプレイなわけですな。どこ持っても反応しちゃいそうだけど。こういうの考えるのって楽しそう。

そういや2008年のau春モデルの日立のW61Hが電子ペーパーディスプレイだったなあ。申し訳程度な感じだけど。


小さいけれど本格派の二眼レフ風デジカメ「Rolleiflex MiniDigi AF5.0」/Gizmodo Japan

で、話は変わり、こっちは現実に2/25に発売される二眼レフ(風)のデジタルカメラ。可愛い!これ、女の子が持ってたらキューンとしちゃう(笑)。大きさも小さく、ちょっと飾りにでも持っていたい品ですな。


って、今日のネタはギズモさんばっかりだったな。(エンジャパはあまり良いネタなかったな今日は)
[PR]
by tacca884 | 2008-02-12 23:32 | IT
ソニエリのWMスマートフォン XPERIA X1/Engadget Japanese

おお、なかなか格好良いじゃないっすか。
動画を見る限りだと、やっぱちょっとiPhoneくさいけど、この動画のようにサックリサックリ、画面のサムネイルが携帯電話の向きに反応して動いたりしたら良いなあ。

iPhoneはかなり洗練されているけど、ソフトキーボードがどうも打ちにくく、ミスタッチしまくりな人なのですが、このスライド式のQWERTYキーボードはどうなのでしょう?HTC社の既にスマートフォンをお持ちの方に聞いてみたい。

コンピュータ化する携帯電話。日本の市場と海外の市場ではニーズが異なっているとは思うし、個人個人も違うだろうから、どういうインターフェースが良いかは言い切れないところはあるけど、果たして僕の使いやすいのは、iPhoneなのか?WindowsMobileなのか?マルチタッチなのか?QWERTYキーボードなのか?

アップル好きとしては今は使いにくいと感じててもiPhoneにしちゃいそう。楽しいインターフェースによるPleasurability(多少複雑な操作性でも、楽しさを一緒に与える事でその操作を憶えてしまう事)で慣れてしまいそうだし。

いろいろまだまだ楽しみがありますねー。
[PR]
by tacca884 | 2008-02-10 23:59 | IT
iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり/林信行

アップルがどういう戦略を持ち、どういうこだわりの元、iPhoneを世に送り出したかがさらっとわかる本。アップル大好きッ子の僕にとっては面白くってどんどん読んでいってしまうんだけど、そうでも無い人や、iPodは持ってる(もしくは欲しい)けど、アップルはよく知らんという人にはちょっとピンと来ないかも。


コンピュータとそのソフトにおいて、いつも革新的なアイディアと洗練されたデザインを世に送り続けていたアップルが、わざわざ社名を変えて(元々、アップルコンピュータだったが、「コンピュータだけの会社ではない」ということからアップルに改名)取り組んだのがiPhone。勿論、iPhoneにも今までのアップルの魂がしっかり組み入れられている。

グランドデザインとして、iPod、iPhoneの世界観を世に示し、iPodエコノミーという生態系を作り回りを巻き込んでいく。自動車のオーディオへのiPod接続は最近だと普通にあるようだし、エルメスやグッチのケース、バング&オルフセンのアクセサリーなど、iPodのデザイン性や機能性から他の市場にも価値を与えている。パソコンをデジタルハブとしてあらゆるものを繋ごうとしているアップルは、機器だけではなくそのような世界観までハブとなって繋いでいるようだ。

そして、マイナスのデザイン。どうしてもいろんなボタンや機能をつけてしまいがちだが、アップルの場合、本当に最低限なところまでそぎ落とし、そこで、では何が必要なのか?を再考し、本当に必要なものだけをプラスする。また、機能をシンプルにするということは使い勝手もよく普及しやすい。日本の携帯電話にありがちな何に使うか分からない機能はほとんどない。

また、コンピュータをやっている会社の強みとしては、ソフトウェアで対応できるもはその後のアップデートで追加もできるわけだ。一度市場に出してみて、ユーザの声を拾い上げ、効果的に機能アップしている。こんな機能追加を容易にできるのは、ソフトウェアの構造もシンプルにプリミティブにしているのではないかと思う。

あとはサプライズ。僕は毎度スティーブ・ジョブズの基調講演は興奮して見ている。エンターテイメントなのだ。冷静に考えると普通だったりたいした事じゃないかもしれない。でも、彼がアップル製品の魅力を最大限に演出しているのは間違いない。綿密で計画的。しっかりユーザの心をつかむのだ。

そして、日本の携帯電話メーカーとキャリア。世界的に見ても、規模は5%である。日本独特の文化なのか閉塞感を感じる市場であり、常に中途半端な機能とサービスを提供しているように思える。ことなかれ主義による余計な機能追加や妥協の産物。それでも海外からは出来としては評価が高いらしい。日本メーカーの底力は見せられるのではないだろうか。

この本を見ると、同じように物作りに関わるものとして、唸らされるところは多い。そして、日本の携帯電話メーカー&キャリアの機種の姑息でムダな機能・サービスを見ると、あきらめ感も多い。日本で留まるならそれでもいいかもしれないが、グローバリゼーションの波が来ている今そのままでいられるはずは無く、世界的に考えると携帯電話メーカーの危機であろう。

アップルはコンピュータの会社として瀕死までなった会社である。そこからここまで昇ってきたのだから、携帯電話メーカーも危機感を感じ、死ぬ気で乗り切るときは来たのではないだろうか?
2008年アジア投入が約束されているが、現時点でiPhoneはまだ上陸していない。
まだ、間に合う。


【余談】
この本の中でソニーのこと(もしくはそうであろうと思わせるもの)が書いてあるので、注目して見てみると面白い。過去のソニー(ウォークマン)と今のソニー(メモリースティック)を読み取れるところがある。
ジョブズはソニーのファンであるが、MacBook Airの薄さを示すのにソニーのノートブックと比較していた。恐らくだが、嫌いなわけではなく好きであるからこそ頑張ってほしいというエールなのではないだろうか。
[PR]
by tacca884 | 2008-01-27 19:18 |