「ウェブ進化論」の「玉石混淆(ぎょくせきこんこう:Wheat and Chaff)」的に、"石"とするか"玉"とするかはアナタ次第です。Appleネタと本で生きてます(笑)。雑記は別ブログあり。


by tacca884
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:椎名林檎 ( 5 ) タグの人気記事

Ringo EXPO 08/椎名林檎

去年プレミアチケットで観に行った椎名林檎の林檎博のDVDです!本当、ライブが素晴らしくって終わった瞬間から絶対DVDで出て欲しいと思っていたら、既にDVD化が決まっていたって代物。いや、10周年のいろんな活動はありましたが、〆でこれを観ない訳にはいきませんよ!

ライブの途中で入った椎名林檎の軌跡や、若旦那(椎名林檎の息子)の喋っているところなんかは一部カットされて画面上のテキスト表示だけになっていた。多分、これはそのアナウンスの中で斎藤ネコさんのオーケストラがインストを弾いているので、そこの音楽性を重視したんじゃないかと。まあ、それもいいけど、ファンとしては若旦那のアナウンスはもっと聴きたかったんじゃないかなあ。(もしかして副音声とかあるのかも?いや確認してないけど)

ライブの方は、まあ観てもらえばわかるんですが、何度も椎名林檎を評価するときに僕は言いますが、最高のエンターテイナーです!お客さんがどうすれば喜ぶかをよくわかってらっしゃる。さすが芸術選奨文部科学大臣新人賞をとるだけのことはありますよ!比較的近くで観たから林檎ちゃんの表情はよくわかりましたが、DVDでさらにアップになると本当可愛い!色白い!表情豊かだし。デビュー10周年で三十歳。今この時点の自分の落としどころをよくわかっている、落ち着きのある、それでいてこちらを熱くさせてくれる最高のライブでした!

Ringo EXPO 08 [DVD]
Ringo EXPO 08 [DVD]
[PR]
by tacca884 | 2009-03-17 01:24 | 音楽

[本] 吉田戦車 夢ムック

吉田戦車 (文藝別冊 KAWADE夢ムック)

こういう本が出ちゃう人、それが吉田戦車。
ちょっと読んだだけでゲラゲラ笑ってしまいました。本人の面白さはもちろんのこと、吉田戦車を慕う漫画家仲間がまた面白い。吉田戦車のことを漫画にして書いているんだけど、愛されている。彼の人柄を感じます。

僕も吉田戦車の顔を見た事無い時には、この本に出てくる人と同じように偏屈な人なのかな?と思ってました。でも、前にNHKの番組で母校に帰って授業をするという企画のもので吉田戦車が出ていて、すごくしっかりしてて真面目な人でびっくりした。(ってびっくりするのは失礼だが・笑)それに子供好きなので、優しく、それでもお世辞とか変な気遣いとかなく、正面から子供たちと向き合っていたので好印象でした。

また、この本、椎名林檎との対談も載っていてこれがまた興味深い。お互いに会ってみると印象と違うというところや、椎名林檎が自分の名前を決めるときや、作品に吉田戦車の影響からきたエッセンスが入っていることなど。

中学校くらいから読んでいた漫画家さんがこうやって今でも現役で、その持っているセンスも変わらず、みんなに愛されているのって嬉しいですね。吉田戦車ファンなら読んでおくことをオススメする夢ムック(笑)です。

吉田戦車 (文藝別冊 KAWADE夢ムック)
吉田戦車 (文藝別冊 KAWADE夢ムック)
[PR]
by tacca884 | 2009-03-07 21:28 |
とうとう行ってきましたよ!!待ちに待った椎名林檎のデビュー10周年記念ライブ、生林檎博に!しかも取ったチケットは一枚二万円もするプレミアムシート。入り口も他の庶民(笑)達とは違って空いてる空いてる(笑)。そしてグッズ売り場もなんとプレミアム用に設けてもらっているのでそんな時間もかけずTシャツや記念パッケージをゲットする。

そしてプレミアムの特権としては、もらえる特典が凄い。保温の利く携帯マグ(しかもプレミアム用デザイン)などなど頂けた。そしてやはり空いているというのが気持ちが良い。トイレだって並ばない。プレミアムシートゾーンは当然アリーナのステージがバッチシ観れる位置へ。

そして開演!とにかく林檎ちゃんは凄いです!本当エンターテイナー。サービス精神満載なわけですよ!!歌った曲は基本的には事変も含めて彼女が作ったものが基本。しかもあまり聴けない初期のアルバムの曲をバンバンやってくれるのが嬉しい。

先ずはストリングのために舞台に入る指揮者のネコさん。白いスーツが格好良い。ネコさん指揮のストリングが入るって時点でこちらの興奮は最高潮!!そしてそこに現れる椎名林檎。なんかね、ファイナルファンタジーのシヴァ神のような格好。イッてます。凄い衣装です!なんか神がかった感じになってました!!

あと、何が凄いかって、彼女は本物のエンターテイナー。こちらが欲しているものをちゃんと把握している感じがする。

ヤバいのは、「勝訴エクスタシー」バージョンの「浴室」をやってくれたことが。イッちゃっている林檎ちゃんを観ましたね。包丁を持って超高速でリンゴをカッティングする林檎ちゃん。リンゴに包丁をブッ刺して切ったリンゴを吹っ飛ばす林檎ちゃん。舞台の上に台所のシンクが用意されていてリンゴをぶった切りまくり。初期の林檎のイメージ。これはゾクゾクしましたよー。

その後もデビューして10周年なのでその軌跡の紹介や、林檎ちゃんそのものの30年の歩みも曲間でバッチリ紹介。盛り上がる会場。そこで林檎ちゃんの息子の声を使うわけですが、それは卑怯でしょー(笑)。そして一番の盛り上がりはここでしょう、お兄ちゃんの椎名純平の登場。「この世の限り」は素敵だったなあ。きっと林檎ちゃんはシャイなんだと思うんだけど、照れながらも尊敬のまなざしでお兄ちゃんを紹介できるなんてなかなか出来ない。真に通っている人。何をすべきをよくわかっているなと思う。なんか林檎一家総登場な感じのライブでしたが、林檎ちゃんがファミリーというものを重要視している感じはしたなぁ。やわらかく、気持ちよく歌ってくれていたし。


とにかく楽しいライブでしたよー。会場の大きさにあまり気になんなくて。改めて思いましたね。椎名林檎ってエンターテイナーでアーティストなんだなと。自分が外部から観られているイメージと、ちゃんと評価できる人達のイメージがうまく混じり合った感覚。期待通りの事もするし、いきなり意外な演出をしたりと。ともかく面白すぎだし感動してしまうんです。 涙が勝手に出てきてしまうんですよ!

そして見どころは椎名林檎の衣替え。何を着ても似合うなあ。最初のボスキャラみたいなのはちょっとどうかなって言うのもあったけど(いや、素敵なんですよ!)、黒いコートだったり、可愛いワンピースだったりと彼女の可愛さを味わうことができたし。


今回のライブを観て思うのは自分をここまでにしてくれた人への感謝の総決算という感じでした。当然ファミリーに対しても、今まで自分を救ってくれた人に対しても、そしてファンに対しても敬意を示していて、全てが美しいです。

正直言えば今回のライブは今までの椎名林檎のライブでも最高だし、他のライブを並べても最高だと思う。そして今後もこんな凄いライブがあるかって言われると出ないかもしれない。でも、彼女ならやってくれるでしょう!!これからの椎名林檎の活躍が楽しみです。
[PR]
by tacca884 | 2008-12-01 02:18 | 音楽

[DVD] 座禅エクスタシー

座禅エクスタシー/椎名林檎

2000年に福岡県にある嘉穂劇場にて行われた椎名林檎引きいるバンド、虐待グリコゲンによるたった一夜のライブです。その片鱗は「やつつけ仕事」のPVでも見られましたが、全貌を映像として出したのはこのDVDが初。

椎名林檎10周年の一つとしてお蔵出しという感じでしょうか。いやはや、若いですねー(今も十分若いが)林檎ちゃん。亀田さんのモヒカンもまぶしいです(笑)。

演奏された曲の中でシングルというと「歌舞伎町の女王」くらいで後はアルバムやシングルのカップリングという曲目。こういうところが若かりし頃の林檎ちゃんらしい(確か学舎エクスタシーもそんな感じだったような)。ともさかりえに提供した「少女ロボット」も歌ってますね。今ではあまりみることができない曲も多くなかなか見応えがありました。

「浴室」は最近だとアレンジ版の「la salle de bain」の方になるので、アルバム収録と同じバージョンをライブ版で聴けたのはかなり嬉しい。

今後もこういう蔵出し系が出まくってくるんでしょうか。僕も社会人10年目。林檎ちゃんとデビューは同じなんですよねー(笑)。今後も楽しみです(特に林檎博はね!)。

座禅エクスタシー
座禅エクスタシー
[PR]
by tacca884 | 2008-09-22 00:20 | 音楽
私と放電(初回限定盤)
私と放電/椎名林檎
私の発電
私の発電/椎名林檎

椎名林檎嬢の10周年記念、シングルCDカップリング集とシングル曲のPV集です!
いやー、もう10年ですかー。確かに自分が大学の研究室で卒業研究をしていたときに、学校のパソコンで「無罪モラトリアム」をかけながら卒業論文に使うプログラムを書いていたっけなあ。あの頃もまだ確か椎名林檎嬢は19歳とかか?って意外といま調べてみて歳が違わないのにビックリ。

さて、このCDですが、非常に嬉しいです。というのも、僕自身あまりカップリングを聞かない人なんでこうやってまとめて聞けるとなかなか目新しい。というか、多分探せばこのCDにある曲は全部シングルで揃うんだけど(笑)。

こうやって聞くと、シングル曲ってのはまさしく椎名林檎!と「表面上の」椎名林檎が良く出ている曲が多いんだけど、カップリングの曲は「本来表現したい」椎名林檎が溢れているように思う。もちろんどちらも椎名林檎の曲は素晴らしいんだけど、おそらくカップリングの方が好き!って人はちゃんと椎名林檎を観ているんだなーっと思います。僕は観ているつもりだけど、どうしてもシングル曲の方が好きだったりする(笑)。

改めて聞いて好きなのは、「すべりだい」「愛妻家の朝食」「シドと白昼夢」かな。


DVDはまだ観れてません!ということ後日書きます。
[PR]
by tacca884 | 2008-07-01 23:59 | 音楽