「ウェブ進化論」の「玉石混淆(ぎょくせきこんこう:Wheat and Chaff)」的に、"石"とするか"玉"とするかはアナタ次第です。Appleネタと本で生きてます(笑)。雑記は別ブログあり。


by tacca884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

[音楽] スピッツ:若葉

若葉/スピッツ

スピッツの新しいシングル曲。特段にスピッツがもの凄く大好きという人ではないんですが、学生時代から聞いているのもあり、一応新曲は聞いてしまう。

しかし、本当に変わらない。いつまで経ってもあの頃の彼ら。あの頃の草野マサムネ。ずっとこのまま歳を感じさせず、さわやかな歌声を届けてくれるでしょう。

今回の「若葉」という言葉のチョイスも、もうスピッツ!THE スピッツ!な言葉だなと。この辺のいくつになっても心のどこかに閉まってある人間の"青臭さ"というのを感じさせてくれるんだよなあ。曲の感じは緩やかで、若葉の柔らかさを音と声と言葉で表してくれている。草野マサムネの声こそ、若葉を揺らす夏のそよ風のよう。というか、もう秋も過ぎて冬なのに、この時期にこういう曲を出すのも彼ららしい。

さて、カップリングの「まもるさん」。こういうタイトルを付けるのもスピッツ。曲はアップテンポでロックな感じ。僕は若葉よりもこっちが好きだな。なんか昔のアルバム「Crispy!」とかに入ってても違和感が無い。というか、「Crispy!」って15年も前のアルバムなんだけどね、それ。それくらい変わらないんだよね。

この間書評を書いた齋藤孝さんの「人間関係力」のヒッチコックの言葉を思い出した。「スタイルを変えてゆく必要があるとは私は思わない」。どうしても人間は新しい事をしないといけない、新境地を開拓しないといけないという気になってしまう。必ずしもそれが成功の道ではなく、自分の中にある「スタイル」というものを確立して信じてやっていくことがいつまでも認められていくものもある。

きっとスピッツのメンバも同じことを思っているんじゃないかなと思う。

若葉
若葉
[PR]
by tacca884 | 2008-11-16 21:10 | 音楽