「ウェブ進化論」の「玉石混淆(ぎょくせきこんこう:Wheat and Chaff)」的に、"石"とするか"玉"とするかはアナタ次第です。Appleネタと本で生きてます(笑)。雑記は別ブログあり。


by tacca884
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

[アップル] iMac Update

iMac/Apple Store
速くて安い、新しい「iMac」が登場/ITMedia

来ました!新しいiMac。デザインは変更無しでバージョンアップです。
しかも全体的に安くなったらしい!24インチも20万円を切る価格のモデルもあるし。これは部品供給などでのコストダウンなのか、円高の影響なのかは興味があるところ。しかし、20インチの最下位モデルでも14万円で購入できるし。今の自分の古いiMac G5をまんま置き換えたい感じだ(笑)。といっても欲しくなるのは24インチのほうだけど。

メモリは最下位モデルをのぞけば標準で2GBも載るし、クロックも最下位で2.4GHz、最大だと3.06GHzまで上げてきた。コンシューマのデスクトップとしては十分すぎるスペックとなっている。僕的には2番目の20インチの2.66GHzモデルで十分かなと。もうちょい大きな部屋に住めるなら3番目の24インチの2.8GHzが良さそう。最上位だとやり過ぎかなと。価格差もちょっとあるし。HDDが500GBなのは魅力だけど、BTOで24インチの2.8GHzに+6000円で320GBから500GBにできるし。あ、買いませんよ(笑)。6月、何があるかわかりませんから!そう、6月はWWDC2008(Worldwide Developers Conference 2008)ですから。

6月のWWDC2008を待たずにこのアップデートなのだから、話題に事足らないアップルはいったい当日何を持ち出すんでしょうか?いやー、楽しみっすねー。
[PR]
by tacca884 | 2008-04-29 13:00 | IT
アップルの法則/林信行

iPhoneショック」で楽しく面白く読ませていただいた林信行さんの新刊。今回はアップル全体の戦略と、歴史(過去の衰退と復活劇)を交えて書かれている。

うむ、やはり知っている内容が多かったのは否めない。まあ、僕がアップル関連の書籍を色々読んでいるせいもあるのだが。という意味だと取り立てて新しいところは少ない。内容にはここ最近の製品のことが反映されているので、そこはアップデートという感じか。

でも、何度読んでもアップルやスティーブジョブズの持っているブレない軸は面白い。どうしてもモノづくりの中で忘れてしまいそうな大事なことを読むごとに思い出させてもらえる。

この本の中にもあるのだが、多くの企業は市場調査による他社製品のベンチマークにより、他社よりちょっと良い製品、ちょっと安い製品、機能をいくつか追加した製品の作り方であるところ。これは耳が痛い。この繰り返しが業界をコモディティ化させる。そしてその過剰な争いがいわゆる「レッドオーシャン」、血の海での戦いとなり体力を失っていく。そこで革新的な製品を作り、急成長する第三勢力が業界の風通しを良くするわけだ。それこそ、アップルでいうところのiPod。iPodが出る前のデジタルオーディオの伸び悩みを見れば明らかであろう。

強力な魅力を放つ製品は業界構造をも崩す。通常、携帯電話はキャリアと呼ばれる通信事業会社にお願いして売ってもらうというビジネススタイルだが、iPhoneの場合にはキャリア側からiPhoneを売らせてほしいと言わしめるほど魅力的である。そのためにいくらかのコストがアップルに対して発生しようとも、企業イメージ、顧客の縛り付けという点でメリットは大きい。

iPod、iPhoneの他に最近で面白いのはムービーレンタル。映画のデジタルデータをiTunes Storeからダウンロードして閲覧。一度見ると24時間で自動消去されるというもの。これは何千円も出して何度観るか分からないDVDよりも安価で手軽。映画会社にしてみれば、アップルはDVD発売一ヶ月後に配信を始めることと、著作権保護技術と24時間消去を約束しているので自分の本業は侵されず新しい収益モデルとなる。アップルはその売れた映画の代金の一部をいただくし、さらにiPod、AppleTVへ顧客を向かせることができる。DVD、ブルーレイなどのメディアを排し、物品に頼らない流通システムのためコストを下げてビジネスを行えるわけで、最終的には自分、顧客、配給元全てに勝ちモデルをもたらす。DVDやブルーレイのライバルとなるのに、その規格を支持する会社もムービーレンタルに参加しているのだから面白い。敵視して戦いを挑むより、うまく住み分けることがアップルへの唯一の対抗なのだから、アップルの強靭なビジネスモデルはとても魅力的なのだ。

とにかくアップルは「自分たちの欲しいものはみんな欲しいもの」として、あるべき姿を本質的に考える。会社の都合や顧客を無視した利己的な戦略は結局いびつで分かりにくいものとなり顧客は離れていく。人の顔色ばかり見ている商品ほど浅ましく魅力の無いものはない。シンプルに、わかりやすく、スマートに。贅肉のように余計な機能など付いてないものが美しい。それは人間の放つ魅力と同じなのではないだろうか。アップルの製品は友人のように、恋人のようにいつも側に居てほしい、愛せる製品になっているように私は思う。

最後にこの本でも取り上げられている、スティーブジョブズのスタンフォード大学での卒業式のスピーチの内容へのリンクを添付しておく。
「Stay Hungry. Stay Foolish.」そう、誰にどう言われても。本質を求めよう。

スタンフォード大学のサイトにある原稿(英文)
※ググれば日本語訳はどこかで手に入れることはできますが、あえて添付しません。
[PR]
by tacca884 | 2008-04-21 23:09 |

[ネタ] New iPhone ??

新しい「iPhone」の写真?/Apple Linkage

おおっと、また面白そうな噂が出てきましたよ。新しいiPhoneのリーク?写真が。

いやー、まだまだ怪しいんですが、初代のiPodぽいつや消しシルバーとうってかわって、今度は渋めツヤ黒ですか?持ってるだけど仕事できそうって見られちゃいそうな外観です。指紋、画面だけじゃなく裏にもつきそうですね。でも、アップルのことだ、ことなかれなんて関係無し、「指紋がつくなら、拭けばいいじゃん」的なんでしょうね。

しかも、新しいのは携帯電話の世代で言えば3Gになるらしく、ようやく日本のインフラに近づいてきましたね。日本のキャリアから出るのも時間の問題?

世界的にはWCDMAだし、日本だとやっぱソフトバンクかドコモなのかなあ?地域に特化してものづくりをしないだろうアップルだけに日本と米国の一部と韓国とかでしか使われてないCDMA2000ではださないだろうからauからは出ないかもなあ。最近、auも元気が無いしこのままドコモからiPhoneが出たら乗り換えるかもなあ。(ソフトバンクだとちょっと躊躇するかも)
[PR]
by tacca884 | 2008-04-05 20:59 | IT

[マック] 虎からヒョウへ

Apple Preparing 10.4.12 Update For Tiger?/MacRumors.com

うむむ。Tiger(10.4)は最後ですか、なんて噂になってます。Leopard(10.5)はMacBook Airで使ったけどとても良い。でも。Tigerも好きなんだけどね。

iMac G5の方も確かにLeopardに移行したいところではある。二台あるMacの親和性としては同じOSの方が良いだろうし。"Back To My Mac(日本名:どこでもMy Mac・笑)"も使えるだろうし。ファイル共有、デスクトップ共有がさっくり出来ちゃうっぽいから、MacBook Airがかなり活躍できるなあと。でも、手持ちのいろんなアプリを買い直しになりそうで面倒だなあと躊躇してます・・・。

ところで"ヒョウ"って書いてるけど、Panther(10.2)とLeopard(10.5)はどっちも"ヒョウ"なんだが、どう違うの?柄?

ところで、

アップルのiPhone SDKイベント、日本時間7日午前3時から/Engadget Jananese

ですよ!Flash対応の話も出るか?というのもありましたが、否定されてますね。どういうものになるのか?ただ、さすがに起きて観ません(笑)。朝を楽しみにします!
[PR]
by tacca884 | 2008-03-07 00:22 | IT

[雑記] 気になるTime Capsule

Apple ships Time Capsule/Macworld

出荷が開始されるようですね。Time Capsule
今までバックアップとかも面倒で全然やってなくて、ヤバいなあって思ってLACIEのレゴ風HDDでバックアップしてますが、これも気づいたときに電源入れて、USBで繋いでバックアップしてます。うーん、RAIDでミラーしてもいいけど、本体側(iMac G5)の容量を空けたいのであまり使わないデータを移したり、音楽や写真のデータのバックアップだけにしたいからミラーリングはしたくない(LACIEもiMac G5と同じ容量のにしちゃったし・・・)。

それに全然Leopardの特徴機能なのに使ってないTime Machineも、実はこれと組み合わせることで初めて持っているポテンシャルを最大限出せるんじゃないかと。Appleは元もとからこのTime Capsuleは製品ロードマップとして持っていた上で、Time Machineを用意したのでしょうか?それとも逆なのか?偶然にしても全ての製品リリースがうまくつながっているように感じます。

Time Capsuleは無線のベースステーションも兼ねているし、線でゴチャってなることもない。そして何よりもデザインが美しい。LACIEもいい感じだけど、やはりAppleの洗練された機能性とデザインにはなかなか及ばないのでは?ネーミングセンスもとても良いと思うし。

MacBook Air+LeopardのTime Machine+Time Capsuleで、最強エアー環境の出来上がりでしょう。

あー、俄然欲しくなった!Time Capsule!バックアップや無線LANのベースステーションという比較的裏方の地味な機能ですが、そこを魅力的に感じさせるんですから!
[PR]
by tacca884 | 2008-02-29 01:14 | 日々

[マック] Apple Tuesday

Macworld 2008以前から熱いリリースが続いてます、アップル。
Engadgetさんでは「Apple Tuesday」と呼んでいるように、火曜に何かリリースされるような感じのようです。

1月8日:新Mac Pro、新Xserver
1月16日(これは水曜か):Time Capsule、iTunes Movie Rental、Apple TV Take2、MacBook Air
1月22日:iPod nanoにピンク色
2月5日:iPhoneとiPod touch 新モデル
2月12日:Aperture2
2月19日:iPod shuffle 値下げ&2GB投入、Xsan2

2月26日はグレードアップしたMacBookとMacBook Proです。
ProにはMacBook Airで搭載されているマルチタッチトラックパッドも搭載。まあ、当然の流れでしょうね。ただ、ギズモードさんの記事にもあるように、

なぜMacbookにマルチパッドは搭載されなかったのか?:Appleはノーコメント/ギズモードジャパン

マルチタッチはAirとProの特権のようです。画像をまわしたり、広げたり、Safariでの操作とか。これ、気持ちいいのでMacBookでもやってもいいと思うんですけど、そこは値段とかでの差別化なのかもしれません。


さてさて、このApple Tuesdayもそろそろ打ち止めですかね?iPhone SDKとかはどうなるのでしょうか?6月のWWDCまでおあずけ??
[PR]
by tacca884 | 2008-02-26 23:59 | IT
iPodをつくった男 スティーブ・ジョブズの現場介入型ビジネス /大谷和利

うーん、読む順序を間違えたかも。この本に語られているアップルとしての根幹はiPhoneショックでも大体はとらえる事が出来る。それで、タイトルにあるように、スティーブジョブズの事に関して深堀された内容かと思いきや、案外知っている事が多く、彼の行動や言動に対する評価、批評の際に使われる様々なバックグラウンドを、なんかあるたびに聞いているとほとんどが聞いた事のあるような話が多い。

タイトルが「iPodをつくった男」というくらいだから、スティーブジョブズで全編進めていっても良いかと思うのだが、アップルという会社がどういうものかというのが半分くらい語られているように感じる。確かに、アップル=スティーブジョブズという等式はあながち成り立たないわけでは無いが、イコールではない。彼のエモーショナルな行動や言動が、アップルの従業員を活発にしているのは確かな事だが、最終判断はスティーブジョブズが行っているはいるだろうが、プロダクトとして最終的に生まれるものは、技術力がありアイディアに満ちあふれた優秀な従業員からではないだろうか。

にしても、ユーザニーズの吸い上げと蓄積にこだわらず、自分の思いを太く貫かせたとしても誰もが欲しがる魅力的な商品を出し続け、世界中に知れ渡っている会社をキリモリしているわけだから、スティーブジョブズは凄い。ブレずに一貫性があるように見えて、時代や状況にフレキシブルに対応できるわけだし、いかにもスペシャルな企業を語る上でのトップという感じだ。強力な推進力と、正しい朝令暮改(朝改?)はまさしくエモーショナル!

一歩間違えば、超マイクロマネージメントだが、良いタイミングでほんのちょっと介入し、従業員を奮い立たせる気持ちを注入するという距離感は魅力的なのだろう。
[PR]
by tacca884 | 2008-02-25 23:28 |

[雑記] アップルの素

実は60年代のBraun製品が、Appleの成功のカギを握っていたらしい!?/ギズモード・ジャパン

パクリというなかれ(笑)。インスパイアとか、リスペクト(年上に使う言葉ではない)とか。アップルのデザイナー、ジョナサン・アイブが影響を受けたであろう、ディーター・ラムスのデザインは逸品。あの洗練されたiMacやiPodのデザインの元ともいえるでしょう。いやー、格好良い。

確かにBraunのデザインも好きなんだよね。主張しすぎてなく格好良くて、それでいて実用的。まさしくアップルのデザインに共通してます。ラムスのグッドデザインの10原則はしびれますねー。特にiPhoneショックを読んだ後だけに、ボディにしみます(笑)。

今のアップルにあるマイナスのデザインとかそういうところは、アップルの思想がラムスにマッチしたのか、アップルがラムスを起点にしているのかは分かりませんが。
[PR]
by tacca884 | 2008-01-31 21:09 | メモ

[IT] There's something in the air

毎年Appleが新しいイノベーション商品を発表するMacworld。今年もやってくれました。

Time Capsule
AirPort Extremeベースステーションwith HDD。LeopardのTime Machine 機能と連携して簡単バックアップ。勿論、Tigerやその他Windows OSでも共有HDDとして使用可能。500GBと1TBで、それぞれ299ドルと499ドル。

■iPod touch関連
新規に5つのアプリケーション追加。メール、天気Widget、株価Widget、メモ帳、Google Map。しかし無料ではない(20ドル)。

■iPhone関連
Google Mapとの位置情報連携。WebClip(iPhoneのホームにウェブサイトのブックマーク配置)、iTunesの字幕サポート、iPod歌詞表示サポートなど。

■iTunes ビデオレンタル
映画データのレンタル配信。新作3.99ドル、通常2.99ドル。DVD発売から一ヶ月後に配信。iPodなどへの転送可能。ダウンロードして一ヶ月以内に試聴。再生してから24時間後に自動的に削除される。参加する映画会社はTouchstone、 MGM, Miramax、 Lions Gate、Fox、Warner Brothers、Walt Disney、 Paramount、 Universal、 ソニー そのほか。開始は2月でラインナップは1000本から。

■新Apple TV
Macとの連携不要でiTunesに接続可能。

MacBook Air
出た!今回の目玉。厚さ4〜19.4mm。現時点で世界最薄。13.3インチディスプレイ、1.6 or 1.8GHz Intel Core 2 Duo、2GBメモリ標準。80GBのHDD or 64GB SSD。無線LAN(IEEE802.11n)、BlueTooth、マルチタッチトラックパッド。バッテリーは5時間。ディスクドライブは無しだがオプションで外付けあり。別のPCからドライブは共有化可能。1799ドル。

1stインプレッションはこちら
[PR]
by tacca884 | 2008-01-16 22:27 | IT