「ウェブ進化論」の「玉石混淆(ぎょくせきこんこう:Wheat and Chaff)」的に、"石"とするか"玉"とするかはアナタ次第です。Appleネタと本で生きてます(笑)。雑記は別ブログあり。


by tacca884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:volcano. ( 1 ) タグの人気記事

emogayu
d0100791_23105768.jpg

日曜に友達のFukuda Yuriちゃんが陶器のインスタレーションを開催していたので遊びにいきました。

開催場所だったLIFTというスペースはなかなか面白い作りで、基本展示する場所は地下になっている。その天井が空いていて、一階入り口を入ると地下を見下ろせるような構造になっている。壁は白く塗られ、床はコンクリートの打ちっぱなし。彼女の作品も白系統が多く、ちょっと朽ちた感じのイメージもあるのでピッタリな空間でした。
d0100791_23143642.jpg

肝心な彼女の作品ですが、名前に「volcano.」とあるように、火山や噴火口をイメージしているよう。
d0100791_23162895.jpg
d0100791_2316544.jpg

全体の下部を見ると陶器としての形は成立している中、その上部は火山口のように規則性の無い生き物のような口を開けている。元々が丸く、閉じた何かだったものが、その上部を熱く融解させ、中に閉じ込められていたものが爆発して飛び出した跡かのよう。その爆発以前と以後の時系列がまるで目に浮かぶようなストーリー性のある作品だ。
d0100791_23215467.jpg
d0100791_2322921.jpg

日常で彼女の作品を使うのであれば、花や植物などを一輪でさりげなく飾るには良いと思う。volcano.という火をイメージさせる作品の中、細く緑の植物が顔を出している姿は生命の力強さを思い出させるようだ。
d0100791_232639.jpg
d0100791_23262041.jpg

しかし、陶器というのは奥深い。色が派手ではないが、その土から醸し出される表面の流れは美しい。触ったときの触感、そして光による陰影。まるで人間の肌のように生き生きとしているが、冷たくヒヤリとする。この質感も、炎とのギャップを感じるところではある。しかし、そのギャップこそが作品の美しさでもあり、魅せる多様な顔でもあるのだ。
d0100791_23302466.jpg
d0100791_23303840.jpg


多分、3時間近く、あの場所に居て、彼女の作品に囲まれていたのだけど、本当に居心地が良かった。また彼女の新しい「子供たち」が見られることを楽しみにしたい。
[PR]
by tacca884 | 2008-08-25 23:36 | 日々