「ウェブ進化論」の「玉石混淆(ぎょくせきこんこう:Wheat and Chaff)」的に、"石"とするか"玉"とするかはアナタ次第です。Appleネタと本で生きてます(笑)。雑記は別ブログあり。


by tacca884
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[ライブ] スピッツ@さいたまスーパーアリーナ

土曜日は、都合で行けなくなったチケットを譲ってもらい、スピッツのライブに行ってきました!スピッツを生で見るのは13年とかぶり。しかもアリーナツアーというのは今回初らしく、大きな会場にはあまり慣れてない様子。でもしっかり伝えますよーという勢いは彼らにはあった。

最初の方はあまり知らない曲が多かった。最近のアルバムは聴いてないのでその辺の曲だとわからないな、とあまりテンションは上がらず。しかし、「スパイダー」が始まったとたん、急に自分のなかの懐かしいものがこみ上げ、なんか熱いものを感じて来てテンションが高くなってきた。その後も僕がよくスピッツを聴いていた頃の曲もやってくれて、懐かしさからちょっとウルっとしてしまいました。

そしてスピッツってもう41歳(バカボンのパパと同い年・笑)だそうで、なんかそんなのを全然感じさせないフレッシュな印象でした。マサムネさんなんてなんかずーっとあのまんまな感じだし、曲ももうデビューした頃から持っているテンションとかテイストとか、ブレない感じ。その良い意味で変わらないところがスピッツだなと。マサムネさんは「70歳になってもマイペースでやってると思う」という言葉はなんか納得できる。本当このままいて欲しい。

あと、思った以上にスピッツのトークが面白かった。なんかそういうのうまい印象がなかったんだけど、ちゃんとファンを楽しませているなと。結成して20年経っているだけあってその辺はよくわかってるなあ。そしてデビューしてからの激動で変化の富む音楽業界で汚れずにマイペースを守っているのは凄いことだと思った。

アンコールの最後は「ヒバリのこころ」。1991年のメジャーデビュー曲。それを今でも違和感なくさらりと変わらず歌えるところにスピッツの素晴らしさがある。

スピッツ
スピッツ
[PR]
by tacca884 | 2009-01-19 01:43 | 音楽