「ウェブ進化論」の「玉石混淆(ぎょくせきこんこう:Wheat and Chaff)」的に、"石"とするか"玉"とするかはアナタ次第です。Appleネタと本で生きてます(笑)。雑記は別ブログあり。


by tacca884
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:スティーブジョブズ ( 3 ) タグの人気記事

ジョブズ VS. 松下幸之助 ”言葉力”で人を動かす/竹内一正

ジョブズ関連の本を久々に。この本は日本の代表的なカリスマ性のある松下電器の松下幸之助とシリコンバレーで現役で革新的なエレクトロニクス製品やサービスを出し続けるアップルのスティーブ・ジョブズを比較している。と、いっても好対象というよりはスタンスの違いはあるにしても「似た者同士」という感じではある。

決定的な違いは幸之助が「足し算の経営」であり、ジョブズが「引き算の経営」であるということ。幸之助は社員を信じて任せてやる気を出させる。そして他の会社で優秀な人がいれば引き抜きを行う。敵をも味方にする。ジョブズの場合は、高い目標を掲げ、凄腕の腕自慢を集めては議論し火花を散らす。そして自分の邪魔ものはバッサリと切り捨てる。味方をも敵にする。一見、幸之助の方が良いようにも思うが、自分に自信がある人にとってはジョブズを説得できれば最強の味方となる。幸之助は社員の潜在的な能力を引き出し、成長させる親のような存在である。

しかし、幸之助も非常にエモーショナルであり、怒鳴りつけることはあった。しかし幸之助の場合にはその怒鳴りつけた後のフォローが素晴らしい。まるで何事もなかったように激励をしてくれる。ある意味幸之助の(言い方は悪いが)ツンデレな行動が社員の気持ちの引き締めと元気付けとなり、松下電器の優秀な社員として育っていくのではないだろうか。

では二人に共通するのは何か?それは無理なことであっても諦めない、強い気持ちとこだわり、そして何よりも製品を買ってくれるお客様が本当に何を欲しがっているのかを完全に読んでいるセンスである。そして、ただお金儲けで経営をしているわけではなく、自分たちが作り出す商品でお客様がどれだけ喜んで買ってくれるか、自分の思いをやり遂げるかに重きが置かれている。そのため、松下電器もアップルも、出す商品には経営トップから現場社員までの商品に対するこだわり、愛が込められて生産されてお客様に届く。

これを示す幸之助の素敵さがわかるエピソードもある。商品の数値だけを持っている経営幹部に対して、「客がこの製品を使う時にはこんなふうに使うわけだ」と、一切スペックの数字は聴かず、経営幹部に「さあ、君もやってみるかね」と商品を触らせる。企業のトップでありながらお客様の位置まで降りて自分でやってみて良い悪いを判断する。単なる儲けるためのものと考えてないからこのような言葉が出てくるのだ。

こんな熱さを持って商品開発を行っている会社はそんなに多くはないだろう。ちょっと会社が傾けば、どこかから頭でっかちな経営者だけを連れて来て改善をする。確かに一時的にはそれで改善はするだろう。ではその経営陣は商品に対する熱い気持ち、こだわりは持てるだろうか?そこを単なる儲かる駒としか考えないのであれば、いずれ会社の状態は悪くなってくると私は思っている。

アップル好きでジョブズに興味があって読んだ本だが、自分が日本人であり、日本的な企業に慣れているせいか、松下幸之助の行動や言動の方が自分の中にはしっくりきた。多分自分がある種のプロフェッショナルで一人で何でも出来るタイプならジョブズの方に共感できたかもしれない。今まで凄いと聴いていてもあまり深く知って来なかった松下幸之助ではあったが、今回は松下幸之助のお話ですっかり彼の魅力に取り込まれてしまった。

とにかく二人とも自分の人生を大切にして、自分として生きている。僕がジョブズや松下幸之助のようになれるかどうかはわからないが、二人から学べる示された方向性は大いに自分の人生を有益してもらえるヒントとなった。

ジョブズ VS. 松下幸之助 ”言葉力”で人を動かす (アスキー新書) (アスキー新書)
ジョブズ VS. 松下幸之助 ”言葉力”で人を動かす

【More:メモ書き】
[PR]
by tacca884 | 2009-01-21 02:50 |
病気休暇をとった Steve Jobs [from maclalala2]

スティーブジョブズがしばらく休職するとのこと。確かに最近のジョブズはかなり痩せていた。どうやら致命的な病気ではなく、長期をかけて治療をしなければならない病気のようだ。1月の基調講演をシラーに託したのは、発表内容がiLife関係だけでジョブズが出る幕ではないという感じもあったが、少なからずこの健康問題もないとは言えなさそう。

とにかく6月末には戻ってくるということなので、まだまだ彼の力というのは衰えないだろう。なんせ彼が危ないとなると株価の下がる会社だし(笑)。いつかはCEOを去るときが来るだろうけど、それまでに彼と同等、それまで行かなくても株価を下げることが無い後継者が出てくるだろうか。今回はジョブズを継ぐかもしれない男、ティム・クックが代行となる。復帰までの間に彼はどのようなことをアップル代表として行ってくれるのかは楽しみなところだ。

ちなみに復帰が6月末というのは、時期的には微妙である。6月といえばiPhoneの誕生月だ。二年前の2007/6/29に最初のiPhoneが発売され、去年の2008/6/9はiPhone 3Gの発表(発売は7月)である。きっと今年も6月に何か(iPhoneではなくても)新製品の発表はあるはず。それに彼が間に合うのか?それとも今回もシラー or ティムに託すのか?

どちらにせよ、彼が元気になって戻ってくることを楽しみに待とう。
[PR]
by tacca884 | 2009-01-16 01:29 | ネタ
iPodをつくった男 スティーブ・ジョブズの現場介入型ビジネス /大谷和利

うーん、読む順序を間違えたかも。この本に語られているアップルとしての根幹はiPhoneショックでも大体はとらえる事が出来る。それで、タイトルにあるように、スティーブジョブズの事に関して深堀された内容かと思いきや、案外知っている事が多く、彼の行動や言動に対する評価、批評の際に使われる様々なバックグラウンドを、なんかあるたびに聞いているとほとんどが聞いた事のあるような話が多い。

タイトルが「iPodをつくった男」というくらいだから、スティーブジョブズで全編進めていっても良いかと思うのだが、アップルという会社がどういうものかというのが半分くらい語られているように感じる。確かに、アップル=スティーブジョブズという等式はあながち成り立たないわけでは無いが、イコールではない。彼のエモーショナルな行動や言動が、アップルの従業員を活発にしているのは確かな事だが、最終判断はスティーブジョブズが行っているはいるだろうが、プロダクトとして最終的に生まれるものは、技術力がありアイディアに満ちあふれた優秀な従業員からではないだろうか。

にしても、ユーザニーズの吸い上げと蓄積にこだわらず、自分の思いを太く貫かせたとしても誰もが欲しがる魅力的な商品を出し続け、世界中に知れ渡っている会社をキリモリしているわけだから、スティーブジョブズは凄い。ブレずに一貫性があるように見えて、時代や状況にフレキシブルに対応できるわけだし、いかにもスペシャルな企業を語る上でのトップという感じだ。強力な推進力と、正しい朝令暮改(朝改?)はまさしくエモーショナル!

一歩間違えば、超マイクロマネージメントだが、良いタイミングでほんのちょっと介入し、従業員を奮い立たせる気持ちを注入するという距離感は魅力的なのだろう。
[PR]
by tacca884 | 2008-02-25 23:28 |